Cafe Bibliotic Hello!【京都府】

1階はハローベーカリー、2階は画廊。御所南の老舗ブックカフェであり、家族連れから学生、サラリーマンまでさまざまな世代が集う憩いの場。平均年齢若めのスタッフさんが働くオシャレな空間。大きなバナナの木がお店の外や店内の中庭に植えられ、京都にいながら南国の雰囲気に浸れます。壁一面にある本棚にはさまざまな専門書が並び、もちろん本を読みながらくつろぐことも。

図書館のような店内でくつろげるこの場は非日常空間!


2002年にオープンしたこちらのカフェは、築100年以上の呉服屋を改装してつくられたもの。本好きのオーナーの、お客さんにはいろいろな本を読みながらくつろいでいただきたいという思いから、まるで図書館のような内装になっています。2階まで突き抜けた本棚は、実に壮観! 街中のせわしなさがウソみたいに、店内は時間もゆっくり流れているかのよう。思い思いの本を読んでいる人がたくさんいます。 かなり珍しい、マニアックな本も各種並んでいますが、もちろんそれだけでなく一般的な雑誌や新聞、絵本も読むことができます。読書をするには最適の環境といえるでしょう。

それぞれの分野に特化した職人さんたちが合わさった、夢のようなお店


カフェとつながって白い内装のパン屋さんが併設されています。小ぶりでかわいらしいパンがたくさん並べられ、甘く香ばしい香りが漂い、どれを買おうか迷ってしまいます。 それらを求めて隣のカフェでくつろぐもよし、カフェでパスタ、ケーキなどを楽しむもよし。メニューにはカクテルやビールも豊富に揃い、訪れてみれば自分なりの楽しみ方がきっと見つかりますよ。 バリスタやシェフ、パン職人といったさまざまな分野を追求した専門のスタッフさんが集まった素敵なお店です。

内装にもこだわりあり。オシャレな店内の家具には秘密が……?


パン屋さんの2階の「ハロー画廊」では、2週から1カ月のスパンでギャラリーを開催しています。随時レンタルを募集していて、作品展や展示会を気軽に開くことができます。 店内で使用しているソファーなどの家具やお皿は、北欧やアメリカから購入したアウトレット。バラバラの家具を使用していますが、それがとてもオシャレにコーディネートされています! 店主さんのコレクション魂が、そのままお店を形づくっているかのようです。 町屋の懐かしい雰囲気を残しつつ、モダンにデザインされたオシャレな空間。旅の合間に、こんな京都の風情を味わうのもいいですね。