タレントの中島史恵がこのほど、東京・日比谷のHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEで著書『たった3週間で下がらない体をつくる 最強逆トレ』(発売中 1,300円税抜き 大和書房刊)の発売記念イベントを行った。

著書『たった3週間で下がらない体をつくる 最強逆トレ』の発売記念イベントを行った中島史恵

1990年代に健康と美をテーマにした4人グループ"シェイプUPガールズ"のメンバーとして人気を博し、以降はドラマやバラエティー、グラビアにと多方面で活躍中の中島史恵。現在は芸能活動と並行しながら、ヨガインストラクターとして3つのスタジオをプロデュースしている。同書では、「ヨガのエクササイズで最強ボディーの作り方」をテーマに「普段しない逆のポーズをすること」や「普段使わない逆の筋肉を鍛えること」で胸やお尻、脇腹などの下がりやたるみ、垂れなどが矯正できることを提唱している。

会場には25歳時に水着姿で撮影した等身大パネルと一緒に写真撮影を行った中島。「体重や3サイズは25年前から変わってないですが、やはり若いですね」と照れ笑いを見せ、「若い時の身体の張りはありませんが、実際には身体のラインが変わってきました。お尻も前よりきれいになったというか、逆ポーズのお陰だと思っています」とヨガから生まれた逆ポーズの効果について語った。

また、加齢には勝てないものの、バストアップやヒップアップなどは逆ポーズで変わる点を強調しつつ、「人間の進化論も書いてあり、読み応えがある本となっています。頭も身体も動かして健康になって欲しいですね。逆トレは難しくないので、是非お家でやっていただきたいです」とアピールした。

中島は今年、2年連続で写真集を発売。「39歳の時にグラビアから引退しましたが、45歳でヨガのスタジオを始めて身体の変化を知ったことにビックリしました。どうしても筋肉は落ちますが、筋肉って鍛えられるんだと思ったのが大きな自信になりました」と鍛えることで身体は変化するといい、「49歳、50歳と写真集を出させていただきましたが、お声がある限りは頑張っていきたいと思っています」と今後のグラビア活動にも意欲を見せていた。