声優事務所・響の設立10周年を記念したイベント「響10周年記念 響ファン感謝祭」が11月24日、神奈川県・カルッツかわさきにて行われた。出演者は橘田いずみ、三森すずこ、佐々木未来、愛美、伊藤彩沙、西本りみ、尾崎由香、相羽あいな、紡木吏佐、遠野ひかる、進藤あまねと、響所属の女性声優全員が集結したイベントとなった。マイナビニュースでは夜の部の模様をレポートする。

  • 「響ファン感謝祭」

▼負けない三森すずこ、疑惑の判定

イベント開演前に流れる注意事項アナウンスを担当するのは2018年9月より響に所属となった新人声優の進藤。不慣れながらも一所懸命に読み上げるそのアナウンスに、会場からは惜しみない拍手が送られた。

アナウンスが終わると、各出演者たちが事務所に所属した西暦や自身の出身地などを交え、自己紹介しながら一人ずつ舞台へと姿をあらわす。進藤以外の出演者がステージに登場すると本イベントの趣旨、また昼の部についての振り返りトークで場をあたためる。

続けて、本イベント最初のコーナー「響のから騒ぎ」が行われた。本コーナーは事前に出演者から募集したテーマをもとにトークするというもので、まずは紡木から「人生を変えた、もしくはオタクに引きずりこまれた原点のアニメは?」という質問が出演者へ問いかけられる。印象的だったのは『新世紀エヴァンゲリオン』『ONE PIECE』と回答した相羽。大阪出身の相羽はイベントで東京へ遠征していたくらい両作品にハマっていたという。その解答に対して橘田は以前、響に所属していた徳井青空と同じようだ、とコメントを返す。会場の笑いを誘った言葉であったが、何年も同じ事務所でやってきた仲間の名前を最古参の橘田が出すことに「感謝祭」の意義、そして事務所は変わっても苦楽を共にしてきた仲間への想いをひしひしと感じた。

続いてのテーマは「昨日の夜ご飯は?」というもの。これは三森が提案したトークテーマで、「こういうイベント時でしか喋れないようなプライベートを」という意図から素朴な質問にしたのだという。三森本人がカレーうどんと答えたのち、愛美が「『ココイチ』のカレー」と回答。「ココイチ」は愛美が戸山香澄役として出演している『バンドリ!』とコラボレーションしていたこともあり、作品愛も感じつつ愛美の営業力の高さもうかがえる回答となった。

続いては相羽から「学力テストがしたい!」というテーマが投げかけられる。「原付免許の学科試験で2回も落ちているのに何で」と出演者からツッコまれつつも相羽は、「このメンバーだったら結構(いい順位に)いけるのではと思った」とコメント。続けて、「特に尾崎には勝てると思う」とジェスチャーで訴えかけた。これに対して尾崎は「私、そういうイメージないんで」「私は頭いいです!」と必死に抵抗するが、「その姿が逆にあまり頭がよくなさそう」と橘田がツッコんでいく。なお、「学力テストがしたい」という意見については、役柄に影響があるかもしれないと懸念をした三森以外の出演者が賛同。いつか実現したいと各自が意気込んでいた。

トークコーナーが終わると、「チーム対抗! ご褒美争奪バトル!!」と題したゲームコーナーへと移行する。本コーナーは紅組と白組に分かれて3つの競技を行い、勝利チームがご褒美を手にするというものだ。実はこれまでご褒美がかかるとほとんど負けたことがないという三森。その定説を崩せるのかにも注目が集まるなかチーム分けが行われ、紅組は佐々木、愛美、伊藤、遠野、鈴木、白組は橘田、西本、三森、尾崎、相羽という組み合わせとなった。

ご褒美がかかっているということで俄然やる気のメンバーたちが最初に行ったのは「大縄跳び対決」。飛んだ回数が多かったチームの勝ちというシンプルなルールで行われ、まずは比較的年齢や所属年数が若いメンツの揃った紅組が挑戦し、25回の記録を残した。対する白組は、十分な準備運動を行ったあとに飛び始めたのが功を奏し、紅組を上回る33回を記録し勝利を収めた。ただ、その全力すぎるプレーに橘田はもう満身創痍であった。

そんな橘田をよそにゲームは進行していく。続いては、各チームが一人ずつ「カエルぴょこぴょこ~」の早口言葉を言っていき、かかった秒数の合計時間で競いあう「早口言葉リレー」が行われた。先ほどの大縄跳びは紅組が先行だったことから今度は白組から実践することに。まったく息が整わない橘田を最後にするなどの作戦を練っていき、最終的に年齢順で繋いでいくこととなった。結果、タイムは1分22秒を記録。対する紅組も年齢順で飛んでいき、タイムは1分15秒と白組をわずかに上回ることに成功。接戦を制した5人は舞台上で舞い、喜びを露わにした。

1勝ずつで迎えた最終勝負では、スプーンにボールを乗せてリレーを行いタイムを競う「スプーンリレー」が行われた。最初は紅組がリードするも橘田とアンカー三森の活躍、そして尾崎の”ぴゅあ”な判定により白組が本ゲームの勝利を手にした。

疑惑の判定にわずかながらの不満がある紅組を尾崎が鎮めたのち、勝利者チームへのご褒美を渡す役として諸注意をアナウンスしていた進藤が舞台に登壇する。進藤はご褒美を白組に渡したあと、先輩たちの計らいもあって、舞台の中心へと移動して自己紹介を行った。自己紹介では「あまねすと呼んでね」と自身のニックネームについても言及し、その堂々とした態度に先輩たちを驚かせた。ちにみに、14歳というフレッシュさあふれる進藤は、すでに橘田・三森から「これまで(響に)いなかったタイプがきた」と言わしめるほどの個性を発揮しているとのこと。

▼We are 響ファミリー!

ゲームコーナーに続いて行われたのはカラオケ企画。デュエットで行われる本コーナーのトップバッターは相羽と伊藤。歌唱したのはももいろクローバーZの「行くぜっ!怪盗少女」だ。「ももクロ」の振り付けを随所で取り入れたり、原曲でメンバーの名前を言う歌詞の部分をふたりの名前などにしたりと堂に入ったパフォーマンスを見せた。そして、元プロレスラーの相羽らしく、歌詞に併せて見事なソバットを伊藤にかますという演出も。伊藤もそれに負けじと間奏部分で相羽に殴りにかかる。その後の殴り合いの結果、辛くも伊藤が勝利……という茶番が終わった後もさまざまな動きも織り交ぜてドラマチックに演出しながら歌唱した。その息の合った掛け合いはさすが『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』で共演するふたりといったところだ。

会場を十二分なほどにあたためたふたりからバトンを受け取ったのは愛美と三森。歌唱したのは愛美から提案したというディズニー映画『アナと雪の女王』の「とびら開けて」である。冒頭のセリフももちろんバッチリ決めるふたり。しかし度肝を抜かされたのはふたりの歌声である。愛美がハンスのパートを担当し低音を、三森がアナのパートを担当し高音を奏でていたのだが、ふたりの歌声が見事に調和し、会場に響き渡る。その抜群の歌唱力で会場を沸かせた。 3番手は橘田と佐々木。歌唱したのは橘田の十八番だという中森明菜の「DESIRE -情熱-」。これは佐々木からのリクエストとのこと。同じ事務所で長年一緒にいるというだけでなく、声優ユニット「ミルキィホームズ」として同じ時間を多く過ごしてきたふたりの歌声の波長が確かに重なり合い心地よさを歌で作り出す。また、原曲のように妖艶に歌うふたりにファンたちがコール&レスポンスで応えていたのも印象的であった。

続いて西本と遠野が歌唱したのはJUDY AND MARYの「そばかす」。まだデビューして1年ほどの遠野。最初は緊張した面持ちながらも、先輩の西本にリードしてもらったおかげか、徐々に笑みがこぼれ始め、その姿を見て西本はさらに笑顔を見せる。また、本曲ではふたりが出演していた舞台で披露したという振り付けをサビ部分で取り入れる。その息はピッタリで、キレキレのダンスで会場を一層盛り上げた。

コーナーの最後を務めたのは尾崎と紡木で、歌唱したのは大塚愛の「さくらんぼ」。「抱き合ってたい」と歌いながら実際に抱き合うなどのパフォーマンスを披露した。さらに、歌唱後には橘田の促しもあって、遠野と尾崎も抱き合う。かつて「ミル百合」というハッシュタグを使ってツイートしていたくらいに百合を推奨(?)していたミルキィホームズの橘田らしい一幕だった。

そろそろイベント終了の時間へ。最後の挨拶で愛美は「響ファミリーという感じがしてよかった」と今回のイベントに対する思いの丈を言葉にする。

また三森は「後輩が増えて嬉しい限り」とコメントしたのち「声優事務所だから今度は朗読劇をやりたい」「本業を忘れてはいけないWe are not GEININ」と、声優としての誇りと併せて、次回開催へ意欲的であると受け取れる言葉を残す。続く佐々木は、橘田の前振りがあったこともあって「愉快な事務所になった。これからも長く応援していただけたら。それではお手を拝借……」と、宴会部長風にコメントをし会場を沸かせた。

そして、響の最古参である橘田が最後の挨拶を務める。「最初はラジオ会社のおまけとして作られた」と事務所について振り返りつつ、「たくさんの仲間ができました。響一同声優として、個性を生かしつつ頑張っていく」と締めの挨拶に相応しい言葉を残した。最後は会場全員で「We are 響ファミリー」と大合唱し、盛況のまま本イベントの幕は閉じた。

今回のイベント内で飛び出たエピソードで印象的だったものがある。それは、ブシロード・木谷社長から「元々は4人だけで(橘田・三森・佐々木・徳井)それ以上増やさないと言われていた」というもの。

それでも現在のように大勢の声優が所属するようになったのはほかでもない、その”4人”の活躍が想像以上だったからだろう。個性豊かで、温かいファミリー感のある彼女たち。これからも大きくなり続けていくに違いない。

(C)HiBiKi (C)bushiroad All Rights Reserved.