奈良国立博物館【奈良県】

「奈良国立博物館」は、毎年秋に開催される正倉院展の会場として広く知られています。奈良時代から鎌倉時代までの仏像をはじめとした仏教美術の作品や、名品の収集、多数の展示で、たくさんの愛好家が押し寄せています。

ライトアップされる旧帝国博物館の本館も重要文化財


奈良公園内にあって、本館(なら仏像館)と青銅器館、新館の西館と東館、地下回廊などで構成されています。本館は明治27年(1894)に旧帝国奈良博物館として建てられた洋風建築で、この建物も重要文化財。夜間にライトアップされる重厚な外観が幻想的です。 メインの本館には飛鳥から奈良時代の国宝級の仏像を中心に、中国、朝鮮半島の仏像も展示。国内では屈指の仏像展示です。渡り廊下でつながれた青銅器館には、中国古代の青銅器がずらりと並びます。 西新館と東新館(写真)は、毎回長蛇の列ができる正倉院展の会場となるほか、各種の特別展、名品店が定期的に開催され、古美術ファンに人気です。 併設されている仏教美術資料研究センターは、図書や写真を公開しており、この建物も明治35年(1902)に建てられた歴史的建造物。和風モダンで、やはり国の重要文化財となっています。