大阪府立中之島図書館【大阪府】

水都大阪の景観を楽しめる中之島は、大阪のもっとも美しい散策エリアのひとつ。そこに位置する府立中之島図書館は、1世紀を超える歴史を刻む国の重要文化財です。重厚かつ優雅な建築美を愛でるとともに、館内で開店したカフェの斬新な料理も味わってみませんか。

クラシカルな名建築で味わう斬新な北欧郷土料理


府立中之島図書館は明治37年(1904)、近代都市には図書館が欠かせないとする住友家の寄付で開館しました。気鋭の建築家野口孫市が、外観のルネッサンス様式と内部空間のバロック様式を融合して完成させ、大正11年(1922)に両翼の建物が増築されて現在の姿に。昭和49年(1974)には国の重要文化財に指定されます。本館正面玄関のギリシャ神殿風の円柱が印象的で、重厚さと優雅さを兼ね備えています。 この歴史を刻む名建築に、新しい風が吹き込んでいます。平成28年(2016)4月、公募で選定された民営カフェ「スモーブローキッチン ナカノシマ」が館内の2階にオープン。重要文化財内での新規開店は全国的にも珍しいことです。 スモーブローは北欧のオープンサンド風郷土料理で、食材の持ち味を生かしながら、美しく盛り付けるのが特色です。未知の北欧料理に対するわくわく感と、和食にも通じる盛り付け重視の美意識があいまって、人気を呼んでいます。中之島散策のコースに、ぜひとも組み込みたいものですね。