クルマのお役立ち情報[2018.12.05 UP]


車庫証明の手順とは?必要な書類や手続き方法を紹介

何かを書く様子

自動車を購入する時には、保管場所があることを証明する必要があります。そのために必要なのが、車庫証明の申請です。提出書類に必要事項を記入して車庫を管轄している警察署に提出すれば、誰でも簡単に車庫証明の手続きができます。今回は、車庫証明の手続きの流れや必要な書類をまとめてご紹介します。ぜひ、自分で車庫証明の申請をしたい場合には参考にしてみてください。


車庫証明とはどのようなもの?


車庫証明の正式名称は「自動車保管場所証明書」と言い、車庫証明や車庫証明書と呼ばれることが多いです。まずは、車庫証明とはどのようなものかご紹介します。


自動車の保管場所を確保している証明


自動車を購入する時に、自動車を保管する場所があるという証明が必要となります。その証明書となるのが「車庫証明」です。
新車、中古車に関わらず必要となり、自動車を所有する時に提出する必要があります。
また、自動車を購入する時だけでなく、所有者や車庫の位置を変更する時にも車庫証明が必要です。


車庫証明が不要な地域もある?


地域によっては、車庫証明がなくても自動車を所有できる場合があります。例えば、東京都西多摩郡檜原村や東京都青ヶ島村、神奈川県愛甲郡清川村などでは車庫証明が不要です。
車庫証明の有無は地方自治体のサイトなどで公開されているので、購入前にはチェックしてみてください。


車庫証明に必要な書類は?


車庫証明に必要な書類は、自力でも作成することが可能です。ここからは、車庫証明を申請する時に必要な書類をご紹介します。


自動車保管場所証明申請書


車庫証明の主要書類となるのが「自動車保管場所証明申請書」です。自動車の詳細や保管場所の情報を記入します。車検証や購入時の書類を見ながら記載すると、簡単に記入することが可能。
自動車保管場所証明申請書は、最寄りの警察署や警視庁のホームページから手に入れられます。


保管場所標章交付申請書


「保管場所標章交付申請書」は、車庫証明を取得していることを証明するステッカー交付を申請するための書類です。
記載内容は、自動車保管場所証明申請書とほぼ同じなので迷うことなく記入できます。


所在図と配置図


自動車を保管する車庫の所有を証明するための書類です。「所在図」は、自宅や会社など主に自分がいる場所と車庫までの距離周辺の環境を記載します。車を買い替える場合で保管場所が変わらない場合は、所在図は必要ありません。
また、「配置図」は実際に自動車を保管する駐車場の大きさや状態を記載します。駐車スペースのサイズや入り口の広さ、共有スペースの場合は、何番の駐車場なのかなど駐車場の大きさと自動車のサイズが合っているか確認できるような情報を書いていきます。


保管場所使用権原疎明書面、保管場所使用承諾書


駐車場の保有者が自分の場合は「保管場所使用権原疎明書面」、他に駐車場を借りる場合は「保管場所使用承諾書」を提出します。どちらを提出するのかは人によって異なります。
「保管場所使用承諾書」は、駐車場の種類や所在地、駐車場の所有者と使用者との関係などを記載します。


気になる車庫証明の申請方法


車庫証明の申請に必要な書類が揃ったら、いよいよ申請に行きます。
最後に、車庫証明の申請方法をまとめてみました。ぜひ、参考にしてみてください。


管轄の警察署で申請


車庫証明の申請は、登録する車庫を管轄している警察署で行います。
営業時間内に行き、車庫証明の申請をします。この時に印鑑が必要となるので、忘れずに持参するようにしましょう。
無事に申請が終わると、納入通知書兼領収書がもらえます。後日、書類を引き取る際に必要なのでなくさないように保管します。


申請にかかる費用は?


車庫証明の申請には、申請料として2,000円程度、標章交付手数料として500円程度、合わせて2,500円から3,000円必要です。申請に必要な費用は地域により若干異なるため、事前に確認しておくといいでしょう。
また、支払い方法も現金と収入印紙のケースがあります。こちらも、車庫証明の手続きの前に調べておくとスムーズに申請できます。


申請後に受け取る書類


書類や記載内容に不備がなければ車庫証明の申請から3日から7日ほどで、車庫証明が受理されます。
指定された日に再び警察に行って「車庫証明書」「保管場保管場所標章番号通知書」「保管場所標票」を受け取ります。
「保管場所標票」はステッカーとなっているので、見える場所に貼っておきましょう。また、その他の書類も車検時などに必要となるため大切に保管しましょう。



今回は、車庫証明に必要な書類や手続きの流れをまとめてご紹介しました。車庫証明とは新車や中古車を購入する時や車を買い替える時に、保管場所があることを証明するものです。ディーラーなどで車庫証明の手続き代行をしてもらえる場合もありますが、自分でやることで費用削減にも繋がります。
また、車庫証明の流れを知っておくことで、引っ越しなどの時も便利です。
車庫証明の申請に必要な書類さえ分かれば、自分でも意外とスムーズに手続きができるので、ぜひ挑戦してみてください。


if(empty($write_tag_flg)){ ?> /*関連情報一覧*/ ?> if($data['tag']){ ?>

関連情報


foreach ($data['tag'] as $tag_key => $tag_val) { ?> } ?>
} ?> } ?>