中古車[2018.11.26 UP]


日産デイズのおすすめの中古車をまとめてみた

日産デイズのおすすめの中古車をまとめてみたグーネット編集チーム

デイズは、日産自動車が企画の段階から参加し、三菱自動車との共同で開発した新世代軽自動車の第一弾として、2013年6月にリリースされました。

それぞれの生産ノウハウや技術を持ち寄り、日産自動車の脈々と続くクルマ作りのフィロソフィーや伝統を受け継いでいます。新しい軽自動車のベンチマークを目指した、従来のOEMの枠を超えた魅力溢れるオリジナルモデルとして開発されました。

サイドに彫りの深い力強いキャラクターラインを配した、躍動感のある質感の高いスタイリング、清潔感にあふれるモダンで洗練されたインテリア、車両周囲の安全確認を俯瞰映像でアシストするアラウンドビューモニターが装備されています。加えて、タッチパネル式のオートエアコンなどが装備され、品質にこだわったハイトワゴンです。

経済性や取り回し性能など軽自動車に求められる基本性能は勿論のこと、上位モデルから乗り換えても違和感のない、革新的なモデルとして販売早々より高い支持を集めました。リリースから最初の1ヶ月間で日産の軽自動車における史上最高台数の受注を得るなど、堅実なセールスを誇る人気モデルです(2013年7月時点)。

日産のミニバンでは定番モデルとなる、専用の精悍なフロントマスクを備える「ハイウェイスター」、日産の関連会社オーテックジャパンが手掛けるカスタムカー「ライダー」など、幅広い個性的なラインナップが設定されている点も見逃せないポイントです。

ここではデイズの中古車の中から人気の高いおすすめグレードや、中古車を探す際に押さえておきたいおすすめの装備、デイズのライバルとなるおすすめの車種などを紹介します。 


デイズの特徴・どんな方におすすめなのか



【デイズの特徴】


・個性を主張する立体的で張りのあるダイナミックなスタイリング
・太い横基調のメッキグリルを備える精悍な「ハイウェイスター」を設定
・左右の移動が容易なベンチ形状フロントシート
・アイボリーとエボニーのハイコントラスト プレミアムコンビネーションインテリアを設定
・ロングドライブでも疲れを感じにくい、オットマンのような快適な掛け心地を実現する質感の高いリヤシート
・軽量ボディを軽やかに走らせる新開発直列3気筒DOHC自然吸気エンジン+副変速機付CVT
・先進のアイドリングストップ機能やエンジン内部のフリクション低減をはじめ、徹底した燃焼効率の向上などにより、クラストップレベルの省燃費性能を実現(2013年6月時点)。
・減速エネルギーで充電、電装品へ電力を供給するバッテリーアシストシステム
・低速域から高速域まで力強い動力性能が魅力の直列3気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジン
・ロングホイールベース化により、後席のニースペースにも余裕のある広々とした開放感のある明るい室内空間
・スムーズな乗り降りを可能にするヒンジ式ドアの採用や高めに設定したシート高
・運転席からの見晴らしも良く、4.4mの最小回転半径とともに優れた取り回し性能
・スライド&フラット機構を備えた、利便性の高い分割可倒式リヤシート
・最適なドライビングポジションを設定しやすい、運転席シートリフターやチルトステアリングの装備
・アラウンドビューモニターやインテリジェントエマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突防止アシストなどの先進の安全装備 


【デイズはこんな方におすすめ】


従来、独自の軽自動車を持たなかった日産が、オリジナル設計の軽自動車に取り組んだ第一弾モデルとして具現した、新世代モデルです。

軽快で親しみやすさを感じる若々しいスタイリングや軽量ボディを軽々と加速させる動力性能をはじめ、先進の安全装備やクラストップレベルの省燃費性能、底付き感のない、優れた掛け心地を提供する質感の高いシートなど、多くの魅力を備えた意欲的なモデルです(2013年6月時点)。

普段は1~2名乗車が中心で、休日には家族や友人を連れ立ってロングドライブやレジャーを楽しむ方々におすすめのモデルです。 


デイズの人気車種・おすすめグレード

デイズの人気車種・おすすめグレードグーネット編集チーム

デイズの中古車の中から人気の高いおすすめグレードを紹介します。


初代 日産 デイズB21系(2013年~)のおすすめ人気車種・グレード



日産 デイズ(DAYZ)ハイウェイスターGターボ(2017年1月)


乗車人員:4名
駆動方式:FF
タイヤサイズ:(前)165/55R15 75V(後)165/55R15 75V
エンジンタイプ:3B20型 水冷直列3気筒DOHCICターボ
排気量:659cc
最高出力:64ps(47kW)/6000rpm
最大トルク:10.0kg・m(98N・m)/3000rpm
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
JC08モード燃費:23.2km/L
車両重量:880kg
新車価格:1,495,800円

軽自動車税について
※1 平成27年3月31日以前に新規取得された新車:年間7,200円
※2 平成27年4月1日以降に新規取得された新車:年間10,800円
※3 最初の新規検査から13年を経過した自動車:年間12,900円 


■主な装備

【エクステリア】
・フロントエアロバンパー
・サイドシルプロテクター
・リヤエアロバンパー
・ルーフスポイラー
・LEDフロントアクセントランプ
・サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(ドアロック連動自動格納機能付)
・15インチタイヤ&アルミホイール

【インテリア】
・スエード調クロスシート(エボニー)
・本革巻ステアリング(シルバーフィニッシャー)
・ステアリングスイッチ(クルーズコントロール)
・タコメーター
・運転席&助手席バニティミラー付サンバイザー
・シルバーフィニッシャー(エアコン吹き出し口サイド部/センターベントノブなど)
・エボニードアトリムクロス
・メッキインナードアハンドル
・パワーウインドウスイッチベース(ピアノ調・シルバー加飾付)
・前席ベンチシート
・5:5分割可倒式リヤシート(リクライニング&一体スライド)
・助手席シートアンダーボックス

【快適装備】
・運転席シートリフター
・チルトステアリング
・IRカット&スーパーUVカットグリーンフロントガラス
・IRカット&スーパーUVカット断熱グリーンフロントドアガラス
・UVカット断熱機能付プライバシーガラス(リヤドア/リヤクォーター/バックドア)
・プッシュエンジンスターター
・インテリジェントキー(運転席/助手席/バックドア感知)
・タッチパネル式オートエアコン

【安全装備】
・バイキセノンヘッドランプ(オートレベライザー付)
・フォグランプ
・ハイビームアシスト
・オートライトシステム(ワイパー連動)
・クルーズコントロール
・ヒルスタートアシスト
・インテリジェント エマージェンシーブレーキ
・LDW(車線逸脱警報)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・エマージェンシーストップシグナル
・デュアルSRSエアバッグシステム
・アラウンドビューモニター
・ディスプレイ付自動防眩式ルームミラー

【オーディオ】
・日産オリジナルナビ取付パッケージ(ステアリングスイッチ、GPSアンテナ、TVアンテナ用ハーネス)
・4スピーカー

【その他】
・アイドリングストップ
・バッテリーアシストシステム
・フロントスタビライザー 


■特徴

・ドライバビリティに優れ、全域にわたりトルクフルで力強い走りを提供する3気筒インタークーラー付ターボエンジン
・シームレスでなめらかな加速フィールを実現する副変速付エクストロニックCVT
・外観を精悍でダイナミックに飾るエアロパーツと15インチロープロファイルタイヤ&アルミホイール
・省電力ながら指向性が高く、夜間走行の安全運転に寄与するバイキセノンヘッドランプ
・快適な夜間走行をアシストするハイビームアシスト&オートライトシステム
・目視では確認しにくい車両周辺を俯瞰で表示するアラウンドビューモニター
・小柄な方でも最適な運転姿勢が設定しやすいチルトステアリング&運転席シートリフター
・室内を快適に保つ実用性・機能性の高いオートエアコン&IRカット&スーパーUVカットグリーンフロントガラス+IRカット&スーパーUVカット断熱グリーンフロントドアガラス
・構想道路を走行中のドライバーのストレスを軽減し、安全性を高めるクルーズコントロール
・インテリジェントエマージェンシーブレーキをはじめ、LDW(車線逸脱警報)や踏み間違い衝突防止アシストなどの先進の安全装備
・エコドライブを賢くアシストする停止前アイドリングストップ&バッテリーアシストシステムを搭載 


デイズの中古車を探す際にチェックしておきたいおすすめの装備・オプション

デイズの中古車を探す際にチェックしておきたいおすすめの装備・オプショングーネット編集チーム

デイズは日産が初めて企画から携わったオリジナル軽自動車の第一弾モデルとしてリリースされました。

日産のこだわりを形にしたハイトワゴンであり、軽自動車初のアラウンドビューモニターや先進のアイドリングストップシステム、質感の高いタッチパネル式オートエアコンなど、クラスを超えた装備が施されています。

全グレードともに純正ナビの機能性を高めるナビ取付パッケージが予め標準装備されており、純正ナビゲーションシステムの装備率が高い傾向にあります。

外観をスポーティに飾るリヤスポイラーやパーキング時の安全確認をアシストするバックビューモニターは人気の高い装備としておすすめのアイテムです。

また、車両周囲を俯瞰映像で表示するアラウンドビューモニターは一部のグレードではオプション設定もされていないため、予めチェックすることをおすすめします。

ハイウェイスターグレードにのみ、エボニーのハイコントラストなプレミアムインテリアが設定されています。

たくさんのオプション装備の中から、代目モデルに設定される人気の高いおすすめのアイテムを紹介します。 



【エクステリア】
・ルーフスポイラー
・クロームドアミラーカバー
・クロームドアハンドルフィニッシャー
・14インチアルミホイール(10本スポークタイプ、14×4.5J)
・15インチアルミホイール(10本スポークタイプ、15×4.5J)

【インテリア】
・ピアノ調加飾付本革巻ステアリング
・助手席側サンバイザー(バニティミラー、チケットホルダー付)
・プレミアムコンビネーションインテリア
 ネオソフィール&スエード調クロスコンビシート+ドアトリムクロス
・シートコンソール(フロントシートクッション置き)
・キッキングプレート(LED)

【安全装備】
・フォグランプ
・リングイルミフォグ(青色LED/白色LED)
・親水鏡面ドアミラー
・カーアラーム
・セキュリティ&セーフティパック(エントリー/スタンダード)
・セーフティイルミネーション

【快適装備】
・リモコンエンジンスターター
・UV&IRカットフィルム

【ナビゲーション・オーディオ】
・日産オリジナルナビゲーション
・2スピーカー
・リヤスピーカーキット
・ナビレコお買い得パック(ナビゲーションシステム+ドライブレコーダー)
・日産オリジナルオーディオ

【その他】
・ETC2.0ユニット
・寒冷地仕様(運転席ヒーター付シート、ヒーター付ドアミラー、リヤヒーターダクト、PTC素子ヒーター、高濃度不凍液、寒冷地対応バッテリー) 


デイズのライバルとなるおすすめ車種

デイズのライバルとなるおすすめ車種グーネット編集チーム

デイズは、2013年6月の誕生以来、運転のしやすいコンパクトな取り回しの良いボディ、ロングドライブでも快適な掛け心地の良いシートを備えるクォリティの高いインテリアや、安全性の高さなどから人気の高いモデルです。デイズの中古車を購入する際に比較される、ライバル車の中からおすすめの車を紹介します。 


初代 ホンダ N-ONE JG系(2012年~)


中古車平均価格相場:103.9万円(2018年9月26日時点)

N-ONEホンダ初の市販軽自動車である1967年発売の「N360」をオマージュし、現代に蘇らせた軽ハッチバックモデルです。

「自由に移動するよろこびを、もう一度 日本に。」を基本コンセプトに掲げ、フットワークに優れ、思い立ったらすぐにどこへでも行ける自由さを再認識できる、これからの日本に新しいのりものを提案したいとの想いを込め、「N BOX」「N BOX+」に続くNシリーズの第三弾として誕生しました。

ホンダのクルマ作りの基本思想である「M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想」を採り入れ、コンパクトな取り回しの良いボディながら、足が組めるほど後席の足元スペースに余裕のある、大人4人がゆったりと寛げる室内空間や1.3Lクラスの乗用車にも匹敵するクルージング性能を高次元で融合させた、新たなベーシックカーを目指したモデルです。

軽快な吹け上がりと低燃費性能のバランスを重視した直列3気筒NAエンジン、余裕のある高速クルージング性能を提供するパワフルな直列3気筒ターボエンジンに加え、2015年7月にはほとんどの立体駐車場に対応する1545mmの低全高モデルが登場し、豊かなラインナップ構成も大きな魅力と言えるでしょう。

2017年12月のマイナーチェンジでは、軽自動車初となる室内の静粛性を高める遮音機能付フロントウインドウガラスを採用しています。

ほかにもじりじりとした日差しを和らげる360°スーパーUV&IRカット パッケージの採用に加え、「シティブレーキアクティブシステム」「前席用i-サイドエアバッグシステム」「サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)」をパッケージで設定するなど、高い安全性能からも、デイズを購入する際に比較される人気の高いモデルです。 


if(empty($write_tag_flg)){ ?> /*関連情報一覧*/ ?> if($data['tag']){ ?>

関連情報


foreach ($data['tag'] as $tag_key => $tag_val) { ?> } ?>
} ?> } ?>