Nintendo Switchソフト『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ』『ポケットモンスター Let's Go! イーブイ』の発売を記念して11月16日、東京・池袋サンシャインシティ ポケモンセンター メガトウキョーにて「発売記念カウントダウン生放送」が開催された。

  • 『ポケットモンスター Let's Go!』発売記念イベントの様子

当日は発売を心待ちにしていたファン約200名が詰めかけた。ステージイベントではゲームフリークのディレクター・増田順一氏、プロデューサーの大森滋氏、プランニングディレクターの斉藤優史氏が登壇。増田氏は発売について「世界同時発売なので、世界中のみんながプレイしていると思うとすごくうれしい。大画面で遊べる『ポケモン』なので、みんながどうやってリビングで楽しめるかを考えました」とこれまでとは違った『ポケモン』のプレイについて語る。

続けて大森氏は「ストーリーにもこだわっています。いろいろなポケモンを捕まえて、ぜひ一緒に冒険に出てほしい」と、本作で追加された、ポケモンを連れて歩ける「連れ歩き」機能についてコメント。斉藤氏は「ゲーム内ではポケモンを実寸大で出したいと思いました。たとえばイワークは8mもあって、とても臨場感のある仕上がりになりました」とビジュアル面での見どころを解説した。

さらに、「Joy-Con」の代わりに本作のコントローラーとして遊ぶことができる新デバイスの「モンスターボール Plus」の話題へ。遊び方については斉藤氏が「ボタンを押して、構えてまっすぐ投げるのがコツです」と振り方を指南。その後、ポケモンセンターオーサカ、ナゴヤをはじめとした9カ所と中継を繋ぎ、各地で数多くのファンが本作の発売を楽しみにしている様子が見られた。

そして、10時オープンのカウントダウンを前に、ポケモンセンター メガトウキョー前では大量の行列が。本作の舞台であるカントー地方に登場する151種類のポケモンにちなみ、151秒前からカウントダウンを行うなど、イベントは大きな盛り上がりを見せた。

また、発売記念カウントダウン生放送に続いてラゾーナ川崎プラザではヒャダイン、あばれる君、大谷凜香、増田順一氏が登壇し、本作の発売を記念したイベントを開催。こちらのイベントでは実際に「モンスターボール Plus」を使ったプレイなどでゲームの楽しみ方を紹介した。『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ』『ポケットモンスター Let's Go! イーブイ』はパッケージ版/ダウンロード版で発売中・価格は各5,980円(税抜)。

(C)2018 Pokemon. (C)1995-2018 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.