モデルで女優の日南響子が、20日に放送されたTBS系バラエティ番組『有田哲平の夢なら醒めないで』(毎週火曜23:56~24:55)に出演し、自殺未遂報道の真相を語った。

日南響子

日南響子

今回、「こんなはずじゃなかった…歯車が狂った元人気モデルSP」と題し、ファッション雑誌の専属モデルとして活躍した美女が集結。歯車が狂ったエピソードを激白した。

日南は、『ニコラ』や『non-no』で活躍していたが、2013年に突如雑誌から姿を消すことに。人気モデルとして活躍していた19歳の頃、私生活で男関係に悩んでいたある日、タクシーとの衝突事故が発生し、かすり傷程度だったその事故について「男関係で自殺未遂」と報じられてしまったという。

日南は「全然そんなことなかった。大事故でもなんでもなかったのに意識不明の重体とか書かれて…」と報道を否定し、「何度か付き合っていた方とうまくいかず、別れるために警察に行っていた時期とかあって。言葉の暴力がすごくて、別れさせてもらおうと思って半年くらいかけて何度か警察に行っていた情報を事故とくっつけて自殺未遂ってやられた」と恋愛トラブルと結び付けて間違った情報が出てしまったと説明した。

自殺未遂報道後、専属モデルの仕事もなくなり、事務所を辞めてフリーに転身。ヌード写真集を出したほか、現在は「珠麟」名義で歌手としても活動していることなどが紹介され、スタジオで生歌も披露した。