本田翼

12月19日(水)21時から放送のKAT-TUNの亀梨和也が主演を務めるドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』(テレビ東京系)。このほどドラマのキーパーソンとなる亀梨演じる武島直貴の兄・武島剛志を佐藤隆太、直貴を支えるヒロイン・白石由実子を本田翼が演じることがわかった。

発行部数240万部を超え、映画化、舞台化もされている、人気作家・東野圭吾の代表作「手紙」をドラマ化。犯罪加害者の弟となってしまった武島直貴(亀梨)が、周囲の差別や偏見に苦しみながらも、やがて自分の家族を持つまでの軌跡を劇中で交わされる兄弟の手紙を通して丁寧に描いていく。

原作の刊行当時(2003年)より、情報の拡散力が上がったデジタル社会の現代。今回のドラマ化に際し、獄中の兄から届く手書きの手紙とSNSで簡単につながってしまう社会との対比を、現代版の「手紙」として描いていく。家族とは何か? 愛とは何か? 絆とは何か? を問いかける社会派エンターテインメントドラマ。

直貴を大学に入れたい一心で強盗殺人の罪を犯してしまう剛志。佐藤は「大変難しい役どころだったので、本音を言うと少し怯みましたね、自分に務まるのだろうかと」と率直な思いを吐露。亀梨とは初共演だったが、ドラマでの関係上あえてあまり言葉を交わさなかったという。そんな中「本当にしんどいよね」という言葉を交わしたといい、「僕はたった3日の撮影だけでもしんどかったのに、亀梨さんは、この重いテーマの中で直貴というキャラクターに1か月間も添い続ける。本当に大変だろうなと思いました。そんなハードな精神状態の中でも集中力を持って、お芝居に対して真っすぐに向き合っていらっしゃるので、すごく気持ちがいい人だなと思いました。だから撮影が終わった時、『また今度、陽気な作品でも一緒にやりたいですね!』なんて話をしました」と振り返った。

そして直貴を支え続け、のちに妻となる由実子を演じる本田は「直貴と一緒に生きていくと決意するのも本当に大きな決断だと思います。迫害を受けることも覚悟のうえで、それでもこの人と生きていきたいという強い気持ちを持っている。意思が強く、生き様がかっこいいですよね。言い方を変えれば頑固とも言えるかもしれませんが……私にも似た部分はあるかもしれないです」と共感。初の母親役には一番悩んだといい「本当に難しかったですね、想像するしかなかったので。だからまずは娘役の織音ちゃんにお母さんと思ってもらえるよう信頼関係を築きたいと思い、現場にいる時はできるだけ一緒に過ごすようにしました」と役作りについて語っている。