左から)設楽統、石橋貴明、今田美桜、日村勇紀

今年3月、惜しまれながらも30年の歴史に幕を閉じたフジテレビのバラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』内の人気コーナーとして一時代を築き、13年もの長きにわたってモノマネブームを引っ張ってきた「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が、土曜プレミアム『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』(フジテレビ系)として、装いも新たに11月24日の21時から放送されることが決定した。出演は、石橋貴明、バナナマン、今田美桜と「細かすぎて伝わらない芸人の皆様」だ。

今回、視聴者からの熱い要望に応えるべく、出演者の1人であった石橋が主宰となり、まったく新しい番組として2時間超のスペシャルが実現。延べ3か月に及ぶ厳しい全国一大オーディションを勝ち上がってきたのは、おなじみのベテランモノマネ芸人から新人まで総勢およそ50組。常連出演者が安定した“鉄板”芸を見せる一方で、新人が全く予想もつかないシュールなモノマネを展開するなど爆笑の連続。果たしてこの中でファイナリストに残り、優勝を勝ち取るのは円熟のベテラン芸人か、それとも新しい笑いを作り出すニューカマーか? 番組では公式Twitterも立ち上げられており、WEB上でも楽しむことができる企画も展開。放送を前に、石橋からコメントが到着した。

<石橋貴明コメント>
「まだ皆さんが見たことのない芸人さんが、たくさん面白いことを見せてくれるので、その人たちの芸をちゃんと発揮できる場所を残しておかなければいけないなと思ってこの番組をやっています。今回もフレッシュな芸人さんが本当に見事な“細かすぎ”るモノマネ芸を見せてくれますので、どうぞご期待下さい」