「めぐるをめぐる10の何か」

鳥飼茜や谷口菜津子らが参加した文学作品集「めぐるをめぐる10の何か」が、オルビスから刊行された。同書は11月17日より順次、移動式本屋「ORBIS BOOK TRUNK」にて配布される。

これはオルビスのエイジングケア「オルビスユーシリーズ」がリニューアルしたことを記念して制作されたもの。鳥飼と谷口に加え「光の子ども」のマンガ家・小林エリカ、小説家の島本理生、“無駄づくり”で知られる発明家・藤原麻里菜ら10名が作家陣として名を連ねており、オルビスユーの商品特長である“めぐる”をテーマに短編小説、エッセイ、詩、イラストをそれぞれ手がけている。なおカバーは各作品をイメージした全10種。作品集と併せて、「オルビスユーシリーズ」のサンプルキットも収められる。

「ORBIS BOOK TRUNK」は11月17日、18日に東京・原宿の神宮前交差点付近を巡回。11月22日には品川、24日と25日には二子玉川を廻る予定だ。詳細は「めぐるをめぐる10の何か」の公式サイトにて確認を。

「めぐるをめぐる10の何か」

彩瀬まる:小説「むすんでひらいて」
藤原麻里菜:エッセイ「未踏の渇き」
加藤千恵:詩「色づく景色」
小林エリカ:小説「一目惚れチェッカー」
谷口菜津子:イラスト
砂田麻美:エッセイ「額の先のあの子」
暁方ミセイ:詩「花藻浴」
鳥飼茜:イラスト
島本理生:小説「はじめまして、私」
トミヤマユキコ:小説「流れていくのが人生だから」