阪急グランドビル(阪急32番街空庭ダイニング)【大阪府】

阪急グランドビルの上層階は「阪急32番街」として、大阪人に親しまれてきました。現在、27階から31階までが「空庭(そらにわ)ダイニング」と名付けられたレストラン街になっています。このうち28階から31階までに展望エリアが設置され、四季を通じて多く人たちが心地よい眺望を求めに訪れています。

「空庭ダイニング」の眺望と食事でリラックス


阪急32番街は昭和52年(1977)開業以来、地上100m以上の高さから大阪を一望できる見晴らしのよいレストラン街として、根強い人気を誇ってきました。現在、「空庭ダイニング」の27階を除く28階から31階までに展望エリアが設けられ、無料で公開されています。 ここから視線を遠くに向けると、北摂の山並みから大阪湾、はるか明石大橋海峡までが見渡せます。一方、眼下に目を転じると、新しい時代の風を受けて刻々と変化する梅田再開発の進行状況を、実感することができます。 「空庭ダイニング」というネーミングには、梅田有数の眺望を楽しめるだけではなく、ウッドやグリーンを配置したリラックスした雰囲気の中、時間や季節とともに移り行く景色と、バリエーション豊かな料理や独創的な店舗の数々を満喫してもらいたいとの思いが込められています。昼と夜、春夏秋冬、それぞれ異なる表情を見せてくれるでしょう。