NHK連続テレビ小説「まんぷく」で主演を務める安藤サクラさん

 女優の安藤サクラさんが主演を務めるNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」の第34回が8日に放送され、平均視聴率は21.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 「まんぷく」は、99作目の朝ドラで、大阪放送局制作としては42作目。インスタントラーメンをこの世に生み出した実業家、安藤百福(ももふく)さんとその妻、仁子(まさこ)さんの半生がモデルのドラマ。

 8日の第34回では、神部(瀬戸康史さん)が戦争で身寄りを亡くした14人の男たちを連れてくる。塩作りを目指す萬平(長谷川博己さん)は、男たち(塩軍団)を住み込みで雇うことにするが、男たちの食事に風呂、寝床の準備と、福子(安藤さん)と鈴(松坂慶子さん)はてんてこ舞い。それでも、男たちを引っぱる萬平の生き生きとした姿に、福子は疲れを忘れて、新たな可能性を感じ……という展開だった。