厳しい処分が下ったエヴァートン [写真]=Getty Images

 プレミアリーグの募集規則違反を犯したことが判明したエヴァートンに、アカデミー選手獲得禁止などの処分が下されることとなった。イギリスメディア『BBC』が11月8日に伝えている。

 エヴァートンが内部調査を行った結果、同クラブのアカデミー・スタッフが、選手と選手の家族に対して、クラブに「登録」をするよう促していることが明らかになった。プレミアリーグはまた、6人のアカデミー選手において同様の規約違反行為があったことを発表している。

 これによりエヴァートンは、18カ月間プレミアリーグまたは他のフットボールリーグクラブに登録したアカデミープレイヤーの募集が禁止。また、50万ポンド(約7500万円)の罰金を科されることとなった。

 処分を受けたエヴァートンは次のような声明を発表している。

「エヴァートン・フットボール・クラブにとってこのような事態は信じがたい問題だ。私たちの価値観に合致していないこの件については、非常に失望している。

「私たちはすでにアカデミーのすべての業務について見直しはじめており、このような問題が再び起こらないようにすることを約束している」