秋から冬にかけては寒さから身を守るために脂肪をため込みやすくなる一方で、体を温めるために基礎代謝は上がりやすくなります。

◆「簡単な方法で体を引き締めたい!」が叶うエクササイズ
おいしい物を食べても太らない体になりたいし、できればラクな方法で引き締まった美ボディを手に入れたいとも思うのは、誰でも同じですよね。

ここでは、1つの動きで気になるウエスト周りと下半身を同時に引き締めるエクササイズをご紹介します。特に「時間がない」「運動は少し苦手」という方におすすめなので、1日3分でもトライしてみてください。

◆ウエスト&下半身を同時に引き締め! 膝立ちツイストエクササイズ
エクササイズのポイントは体幹(胴体部分)を使い、骨盤を立たせた状態をキープしながら動作することです。常にお腹を腰に引き寄せたドローイング状態を崩さないようにしてください。

また、背中が丸くなったり、腰が反ったりしないように、腰骨→肩→耳のラインが縦一直線になるように意識しましょう。

■効果:体幹が鍛えられる(筋力アップ)、ウエストラインが引き締まる、下半身のむくみ、冷えの改善、美脚効果、腰痛や姿勢の改善が期待できます。

■実践期間:週3~4回を目安に実践。約3週間でボディラインに変化が感じられるようになります。

■注意点:膝を痛めている人は、無理のない範囲で行いましょう。

■やり方:
◇1. 床に両膝をつけ、つま先を立てた状態で右脚を前に出し、両腕を胸の前で組む。
体幹エクササイズ1 立て膝の状態から右脚を前に伸ばし、両腕を胸の前で組みます。
ひざが痛い人は、タオルなどを敷いてください。

◇2. 上体を右側にねじる。
体幹エクササイズ2 上体を右側にゆっくりとねじります。
息を吐きながら上体を右側にねじります。ねじるときに、肩があがらないように注意してください。また、下半身がふらつく場合は、太ももの内側に力を入れるようにしましょう。

◇3. 上体を左側にねじる。
体幹エクササイズ3 上体を左側にねじります。
息を吸いながら上体を正面に戻し、次に息を吐きながら上体を左側にねじります。このとき、下半身が左側に開き過ぎないように注意してください。左右8回を目安に繰り返し、脚を入れ替えて同じ動作を繰り返しましょう。

いかがですか? たったこれだけの動作でじんわり汗が出ると思います。フラフラしてしまうという方は、反動をつけずに内ももに力を入れ、ゆっくり動いてみてください。

簡単な動きで2つの部位を同時に鍛えられるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

文=森 和世(エクササイズガイド)