連続ドラマ「チャンネルはそのまま!」のクランクアップで涙を見せた芳根京子さん

 女優の芳根京子さんが6日、北海道テレビ(HTB)旧社屋(北海道札幌市)で主演を務める同局の連続ドラマ「チャンネルはそのまま!」のクランクアップを迎え、共演の大泉洋さんらとともに会見した。ローカルテレビ局の新人記者・雪丸花子役の芳根さんは「花子を通して成長することができた」と笑顔を見せ、大泉さんから「芳根さんの周りからの愛され方がすごい。この2カ月間、芳根さんが主演として素晴らしい現場を作ってきたと感じた」と言葉をかけられると、思わず涙を見せていた。

 「チャンネルはそのまま!」は、同局の開局50周年ドラマで、札幌市在住のマンガ家・佐々木倫子さんのマンガが原作。札幌のローカルテレビ局「HHTV北海道★(ほし)テレビ」を舞台に、謎の採用枠「バカ枠」で入社し、報道部の新人記者となった雪丸花子(芳根さん)が、周りを巻き込み旋風を起こす……というストーリー。

 特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」(テレビ朝日系)などで知られる俳優の飯島寛騎さんのほか、同局の人気番組「水曜どうでしょう」の「ミスター」こと鈴井貴之さんが会長を務める「クリエイティブオフィスキュー」の所属タレントも総出演。「踊る大捜査線」シリーズなどの本広克行さんが総監督、「水曜どうでしょう」で知られる藤村忠寿さん、映画監督の山本透さん、アニメーション制作会社「プロダクションI.G」の木村好克さん、「ももいろクローバーZ」のステージ演出も手がける映像ディレクターの佐々木敦規さんが監督を務めた。

 芳根さんのクランクアップには、すでに撮影が終了した“同期”役の宮下かな子さん、島太星さん、瀧原光さん、長田拓郎さんがサプライズで駆けつけた。一人一人から花束を渡された芳根さんは「みんな大好きです!」と大粒の涙を流した。芳根さんは「クランクアップの実感がなくて、まだまだ撮影が残っているんじゃないかという気持ちです。HHTVありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えていた。

 ドラマは、HTBで19年3月に放送。動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で先行配信される。全5話。