銀行の預金金利は期待できない状態が続いていますが、普段通り銀行を使っているだけで、Tポイントや楽天スーパーポイントなどを貯められる銀行があるのです。そんなお得なポイントサービスのあるネット銀行をピックアップしてみました

◆いつの間にかポイントがザクザク貯まる?銀行のポイントサービスとは
普段の銀行使いでポイントがザクザク貯まる……銀行の預金金利が期待できない中、こんな夢のような話はあるのでしょうか?

まずは、ポイントサービスのある銀行で口座を開設します。銀行ごとに設けられているプログラムにエントリーした上で、給与の受け取りや口座振替(自動引落し)など、普段通り銀行を利用します。すると、勝手にポイントが貯まっていく仕組みです。

貯まるポイントの種類は銀行によって異なります。例えば、楽天銀行では楽天スーパーポイント、新生銀行ではTポイント、SBIネット銀行では現金やJALマイルに交換できるポイントです。

実はこの銀行のポイントサービス、筆者もあるネット銀行で利用しているのですが、最初は特に貯めようとは意識せず、普段通り銀行を使っていたら、いつの間にかポイントが大量に貯まっていてびっくり。

今は、銀行にお金を預けていても、ほとんど金利はつきません。今回は、お得なポイントサービスのある銀行を4行ピックアップしてみました。

◆楽天銀行
楽天銀行の楽天会員向け優遇プログラム「ハッピープログラム」にエントリーして、ポイント加算対象のサービスを利用すると、楽天スーパーポイントがみるみる貯まっていきます。楽天の利用頻度が高い方におすすめ!

<ポイントを貯めるには?>
次のサービス等を利用すると、ハッピープログラムのステージごとに1~3ポイント自動的に付与。

・他行口座からの振込
・給与⁄賞与⁄年金(国庫金)の受取
・他行口座への振込
・口座振替(自動引落)
・ATM取引(入出金)
・楽天バンク決済
・海外送金(送金のみ) 
・宝くじ(ナンバーズ・ロト) 等

<ポイントを使うには?>
楽天スーパーポイントとして、さまざまなサービスで利用可能。また、楽天銀行内の次のサービスでもポイントが使えます。

・「他行宛の振込」および「楽天銀行宛の振込」の振込手数料
・楽天銀行デビットカード(Visa、JCB)のショッピング額

<ポイントの有効期限>
最後にポイントを獲得した月を含めた1年間です。期間内に1度でもポイントを獲得すれば、有効期限は延長されます(一部例外あり)。

◆SBIネット銀行
SBIネット銀行のポイントプログラムは、普段の銀行使いでポイントが自動的に貯まっていくサービス。貯まったポイントは、現金やJALのマイルに交換できます。サービスを利用するにあたっては、既定の同意が必要です。

<ポイントを貯めるには?>
1.以下のサービスの利用でポイントが付与

・給与受取/年金受取/定額自動入金サービス…いずれか利用で30P/月
・口座振替…月1件以上引落しがあると5P/月
・外貨積立…月1万円以上積立で10P/月
・純金積立…月5,000円以上積立で10P/月
・仕組預金・外貨預金…月末合計残高300万円以上で100P/月
・ミライノカード5万円以上の引落しで100P

2.Visaデビットカード…月間の合計利用額に応じ、1,000円ごとに6P
3.各種キャンペーンの詳細条件により付与

<ポイントを使うには?>
・1ポイント1円(500ポイント以上、100円単位で交換可能)で現金交換
・JALのマイレージに交換可能

<ポイントの有効期限>
ポイント付与月の翌々年度3月末

◆新生銀行
新生銀行の「Tポイントプログラム」にエントリーすると、Tポイントが貯まります。ただし、「Tポイントプログラム」を利用するには、毎月エントリーする必要があります。

<ポイントを貯めるには?>
・Tポイントプログラムへのエントリーで毎月1P(毎月1回)
・新生パワーダイレクトにログインで毎月3P(毎月1回)
・コンビニのイーネットATMで入出金をすると10~20P
・他行からの振込入金で25~100P
・口座振替で50~100P
・積立投資信託の引落しで毎月10P
・積立外貨預金の引落しで毎月10P 等

そのほか、外貨預金や住宅ローンの利用などでも貯まる。

<ポイントを使うには?>
貯めたTポイントは、全国の提携先で使えるほか、提携先が発行しているポイントや商品との交換をすることも可能。

<ポイントの使用期限>
Tポイントの有効期限は最終利用日(貯める、使う、交換する)から1年間

◆ローソン銀行
2018年10月に営業を開始したローソン銀行の利用に応じてPontaポイントが貯まり、ポイントは、ポイントの有効期限内で、商品の購入代金への充当やPonta特典交換などに利用することができます。

現時点(2018年10月21日)では、どのような利用でポイントが加算されるのか、発表されていません。今後、ホームページ等で確認してください。

文=小澤 美奈子(マネーガイド)