賀茂別雷神社(上賀茂神社)【京都府】

世界文化遺産に、古都京都の文化財の一つとして登録されている上賀茂神社。古代氏族の賀茂氏を祭る、由緒正しい神社です。今年はなんだかついていないという方、まだ厄払いをしていない方。上賀茂神社へ行って、厄払いにいきませんか?

雷の神様? 京都、鬼門の守り神・賀茂別雷大神!


「賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)」を御祭神とした上賀茂神社は、京都でもっとも古い神社。京都三大祭のひとつ「葵祭」でも知られています。神代の昔、賀茂別雷大神が秀峰神山(こうやま)に降臨したことから、天武天皇の御代に現在の社殿の基が造営された、というのが上賀茂神社の由緒。境内にはこの神山を模した「立砂」も見られます。雷のご神威によって、あらゆる災難を除き給う厄除け明神として、また電機産業の守護神としても広く信仰されています。歴史ある神様を祭った上賀茂神社へ行けば、厄も落ちるような気がしますね! 古都・京都のなかでも最古の神社、ぜひお参りしてみてください。