私が愛したもふもふ 椋鳩十記念図書館の茶トラ

稲葉友が、11月1日放送の『もふもふモフモフ』(NHK総合、毎週木曜22:25~)に出演。温泉地にいるワンコやニャンコたちと戯れる。

温泉地に暮らすもふもふを訪ねる「温泉もふもふ」では、稲葉が箱根へ。最初に訪れた強羅の土産物店では、看板ニャンコとして頑張る保護ネコたちにほっこり。続いて訪れた仙石原の旅館では、お風呂を見回るのがお仕事というワンコと出会う。ワンコが大好きだというボール遊びをしようとするが……。

また、有名人ともふもふとの心温まる絆を描く「私の愛したもふもふ」では、人間と動物の交流をテーマにした作品で知られる小説家の椋鳩十のエピソードを。椋は、飼い猫である茶トラのモモが、お産で動けないほかのニャンコのために魚を運ぶ姿を見て心を打たれたという。

そして2年前の椋の誕生日でもある1月22日、長野の椋鳩十記念図書館に、モモとそっくりな茶トラのニャンコが出現したとも。時間を隔てて現れた2匹の茶トラの不思議な縁とは?

全国の看板娘(息子)として活躍するもふもふが登場する「看板もふもふ」には、富山のお香店で、お客さんにお香を勧める看板ニャンコの花、山梨のガソリンスタンドにいる、空のペットボトルをガジガジするのが大好きというワンコの福が登場する。

さらに、話題のもふもふスポットを取材する「もふもふ突撃リポート」も。もふ太がフレンチブルドッグ限定という謎の会合を電撃取材すると、寒さに弱く既製品がなかなか見つからない愛犬のために、手編みの服を作る飼い主達を目撃する。

ほか、飼い主の皆さんが撮影した映像を紹介する「もふもふ動画」など、笑いと癒やしのコーナーをおくる。