インターポールが振り返るデビュー時の苦難、ストロークスと築いたNYロック黄金時代

インターポールの13年ぶりとなる単独来日公演が、11月6日(火)に東京・マイナビBLITZ赤坂で開催される。今回は2002年のデビュー作『ターン・オン・ザ・ブライト・ライツ』の再現ライブに加え、今年8月に発表されたニューアルバム『マローダー』の曲を含めたベストヒットを披露する、二部構成のスペシャルライブになるという。今年8月にプロモ来日したダニエル・ケスラーが、バンドの新境地とデビュー時のエピソード、2000年代初頭のNYシーンについて語ってくれた。

-フジロックで、アルバート・ハモンドJr(ストロークス)に会ったばかりなんですよ。

ダニエル:そうなんだ。彼は僕らの新しいミュージックビデオにも出ているよ。

-へえ、なんでまた?

ダニエル:メキシコで記者会見をやった時に、彼もちょうどいたんだ。「The Rover」のビデオを撮ることになって、ホテルのロビーでミーティングをやっていたら、そこにアルバートがいたから「よう!」と声をかけた。そして、アルバートがビデオに出てくれたら面白いだろうという話をしていた。彼も数日後にはメキシコを発たなくてはいけなくて、取材の予定もたくさん入っていたようだけど、3秒くらいビデオに友情出演してくれてね。嬉しかったよ。

-アルバム発表の記者会見は大掛かりなものでした。あのアイデアはどこから?

ダニエル:メキシコで発表する案は10年くらい前からあったんだ。メキシコのファンからは長年、手厚いサポートを受けているから、僕らも感謝の意を示したかった。それで『マローダー』をレコーディングしている時に、マネージメントやレーベルと話し合いをして、メキシコシティでアルバムの発表をすることになり、記者会見を行うプランに発展したんだ。



-「The Rover」のMVにも、記者会見の映像が使われていましたよね。

ダニエル:ポール(・バンクス)にはこのMVに関するアイディアがあったんだけど、メキシコで記者会見を行うことになったから、その設定をカリフォルニアからメキシコに移すことにした。そのアイディアを打ち合わせしながら、「この記者会見とMVが混ざり合ったら……」という話になった。つまり、現実とフィクションの世界を交差させるわけだ。とはいえ、アドリブによるところも多いし、覚悟も必要だったよ。会見はネット上で生中継されていたから、大失敗するかすごくクールに見えるかのどちらかだった。

-もちろん一発勝負でしょうし。

ダニエル:会見にはファンやジャーナリスト、セキュリティも集まっていたからね。そこに放浪者(The Rover)が乱入してきた時は場の空気も混乱して、「あいつは誰だ、なんでポールの頭をあんなに触っているんだ?」となっていたけど、会見はそのまま進行し、みんなその出来事を忘れてしまった。そして、その後にMVが公開されたことで、あの出来事が何だったのか理解するわけだ。あれはとてもエキサイティングな企画だったよ。



-ちなみに今日も、記者会見の時みたいにスーツを着こなしていますね(取材当日は猛暑日だった)。インターポールといえばスーツ姿が思い浮かびますが、バンドのコンセプトとして意識しているのでしょうか?

ダニエル:そういうわけではないよ(笑)。僕はもう20年くらい毎日スーツを着ている。その方が自分らしくて落ち着くし、ジーンズを履くことに違和感すら覚えるくらいだ。でも、インターポールのユニフォームというわけではない。ポールはむしろ逆の格好をよくしている。服装の話をバンド内でしたことはないけど、みんな自由にやっているよ。ステージで演奏したり、撮影がある時にはスタイリストがついたりもするけどね。


-インターポールは今年7月に、ザ・ キュアーの40周年記念コンサートにも出演しましたよね。

ダニエル:出演のオファーをもらえて光栄だった。今年、ザ・キュアーがヨーロッパでやる唯一の公演でもあったからね。僕らは2004年にもザ・キュアーのツアーに同行している。モグワイ、ザ・ラプチャーといった素晴らしいバンドと一緒にね。その時も楽しかったけど、今回のハイドパーク公演は格別だった。僕はロンドン生まれだから、子供の頃、兄や家族と一緒にハイドパークに行った思い出がある。兄の一人は今もロンドン在住だから公演に来てくれたし、もう一人の兄もパリから駆けつけてくれたから、ステージに立っている時も家族のことを考えながら演奏した。とても特別な瞬間だったよ。

-ザ・キュアーのことは昔から好きでしたか?

ダニエル:尊敬するバンドだし、彼らの曲に心を打たれたこともある。すべてのアルバムを聴きこむほど熱狂的なファンでもないけど、結成から40年間、ずっと素晴らしい活動をしているバンドだと思う。彼らのライブを観ると、いい曲が本当にたくさんあるんだなって思い知らされるよ。

-インターポールにも影響を与えている?

ダニエル:いや、それはないね。ファーストアルバムを出した時、僕たちはザ・キュアーとよく比較されたし、個人的に影響を受けたメンバーはいるのかもしれないけど、バンド全体に影響を与えたとは思わない。最新作にザ・キュアーの影響は感じられないし、他のアルバムについても同様だ。たしかに僕たちの音楽は、ムーディなロックンロールだと思う。それがザ・キュアーのように聴こえるというのなら嬉しい話だ。でも、僕たちはザ・キュアーのようなサウンドを求めているわけではない。ただ、自分たちが納得のいくサウンドを追求しているだけだ。

-バンドを始めた頃はどんな音楽が好きでしたか?

ダニエル:僕にとって音楽は旅路のようなもので、子供の頃からアンダーグラウンドな音楽に触れてきた。それに自分が幼い頃から、二人の兄も音楽に対し、宗教のように入れ込んでいたのも大きかったよ。最初に覚えているのがザ・ジャムで、兄がファンクラブに入っていたから壁にも色々貼ってあった。そのあとに出会ったのは、サイコビリーやクレイジーなパンクロック。それから、11歳の時にフランスからワシントンDCに引っ越したんだけど、DCのハードコアシーンも衝撃的だったな。ディスコード・レコードの信念には感銘を受けたし、インターポールを始めるうえでフガジの存在は大きかった。作曲に関しても彼らの影響は大きくて、今でも大好きなバンドの一つだよ。

-そこから現在に至るまでに、音楽の趣味は変わりました?

ダニエル:変わったのかもしれないけど、それがインターポールにも反映されているかはわからないな。いつもスタジオ入りする前に作曲するんだけど、その期間はあまりロックを聴いたりしない。避けているわけではないけど、ロックを聴くときは自分たちが作っている曲であることが多いね。リハーサル音源を聴きながら、「これは違うな」「こういう風にしたらどうだろう」みたいに考えている。自分たちの音は何度聴いても苦にならない。

それ以外で聴くのはアンビエントとか、ロック以外のもの。ジャズもよく聴くし、西アフリカのギター音楽も好きだ。無理に最近のロックに付いていこうとは思わないし、ネットの情報も読まないから、音楽が僕を見つけてくれることの方が多い。映画を見ている時や、友人に何かを薦められた時。あるいは、お店やレストランなどで「この音楽は何だろう?」と気になった時とかね。


ダニエルが2015年に作成したプレイリスト。フガジ、アマドゥ&マリアム(西アフリカ・マリ共和国)のほか、 古いロックンロールから21世紀以降のエレクトロニック・ミュージックまでセレクトされている。

-偶然の出会いから得られるものは多いですよね。

ダニエル:僕は新しい発見をするのが好きだから。結果的に、一番影響を受けているのは映画だ。インターポールを結成して以来、作曲のインスピレーションを得るのに映画は欠かせない。仕事のために雰囲気作りをしたい時、僕は午後3時に、NYのアートハウスでどんな映画を上映しているのか調べる。昔の作品でもいいし、新しいインディー映画でもいい。そこで映画を観ると、帰る頃には良いインスピレーションを感じているんだ。(アイディアを得られる)確約なんてないけど、ずっと続けている。NYでの生活でいちばん好きなことだ。


-ニューアルバムの制作プロセスについて教えてください。

ダニエル:前作『El Pintor』のツアーが終わって、自分のなかにあったものが今回の曲に表われたと思う。曲の骨組みは僕がクラシック・ギターで作ったものだ。それを他のメンバーと発展させていく過程で、楽曲はさらに生き生きとしたものになった。そのなかで、今までと異なる試みはプロデューサーを招いたこと。僕たちはDIY精神が強く、自分たちでプロデュースすることもできるけど、今回はあえてオープンになろうとしたんだ。コントロール意識を下げて、オープンさを増す。それが今の僕たちにとって最大のチャレンジだった。

-新作のプロデューサーに、デイヴ・フリッドマンを起用した理由は?

ダニエル:彼はモグワイ、MGMT、テーム・インパラ、フレーミング・リップスなど様々なバンドを手がけ、毎回違う作品を出している。僕らはリハーサルの成果に満足していたから、それをデイヴがプロデュースしたらどんな仕上がりになるだろう、と興味を持った。彼とは一度も会ったことがなかったんだけどね。さっきも話したように、今回の曲には生々しさや切迫感があった。そこにプロデューサーの手が加わると、勢いを削いでしまうことだってありうるわけだ。でも、デイヴはデモ音源を聴いて、そういう生々しさを取り除かず、むしろ活かそうと決断してくれた。その成果はアルバムを聴いてもらえばわかると思う。



-今回はこれまでにも増して、(ダニエルが弾く)ギターが素晴らしいと思いました。

ダニエル:ありがとう(笑)。確かに今回のアルバムでは、ギターのサウンドがダイナミックに聴こえるし、スピーカーから飛び出しているように聴こえるよね。それに作曲の観点から見ても、今回は進化していると思うんだ。曲のユニークさが増して、深い部分まで表現できていると思う。今回はデイヴが加わったこともあり、作り方を少し変えた部分もあった。僕はギターについてクラシックなアプローチをすることが多く、そのやり方が気に入っている。かたやポールは、色々試しながら新しいサウンドを探求するタイプだ。今回のアルバムでも、彼の爆発的なアプローチが感じられると思う。

-近年になってベースを弾くようになった、ポールの演奏もグルーヴィーでいいですよね。最近は「ロックに覇気がない」と言われるなか、久々に骨太なロック・アルバムを聴いた感じがしました。

ダニエル:ロック全般に関しては意見できないけど、今回のアルバムに関してならそうかもね。新作は2インチのテープに録音したから、自分たちに制限を課した部分もあった。だがそれは、”開放感を得た”と捉えることもできる。例えばギターのテイクは、テープの尺がないから2回か1回で済ませなければいけなかった。するとテイクに凝りすぎなくなる。そういうマインドでレコーディングを続けていると、「今のはいいんじゃないか? アンプの響きもいいし、曲の感じもいい。じゃあ次に進もう!」という姿勢になる。だから、とても素直で、むき出しの感覚が表れたアルバムになったんだ。

-アナログな制作環境が、思い切りの良さや開放感に繋がったと。

ダニエル:今回のアルバムの音は、今でもリハーサル・スペースで演奏しているように聴こえるし、その情景まで思い浮かぶようだよ。こんなにダイナミックな音作りができたのも、デイヴのおかげだ。


-『ターン・オン・ザ・ブライト・ライツ』の再現ライブも控えているので、当時の話も聞かせてください。自分たちの音楽が「ロックンロール・リバイバル」「ポストパンク・リバイバル」と呼ばれたことについて、どんな感情を抱いていましたか?

ダニエル:当時の僕たちにとっては受け入れづらい部分もあった。そういう表現を意識していたわけではなかったし、当時はSNSも普及する前で、そういうシーンのことをよく知らなかったからね。自分たちの活動に集中していたのもあるけど、まだそういうレベルに達していない気がしていた。あのアルバムを出す前に、僕たちは4年くらい活動していたけど、当時は注目されてなかったからね。ストロークスやヤー・ヤー・ヤーズ、その他のバンドのことも知らなかった。メディアがNYのロックシーンを取り上げるようになるまで、そういう動きがあったことに気づかなかったんだ。

だから、そのシーンに僕たちが含まれていると知った時は驚いたよ。ようやくマタドールと契約したことで、周囲から注目されるようになったのも嬉しかった。実際、ストロークスやヤー・ヤー・ヤーズは素晴らしいバンドだ。彼らのアルバムは歴史に残ると思う。そんなバンドと同じ時代を過ごしたのは光栄だし、それから17年くらい経った今も、こんなふうに当時の話をしているなんて思わなかった。

-2000年代初頭のNYシーンを振り返った、「Meet Me in The Bathroom」という本も昨年刊行されましたよね。

ダニエル:まだ読んでないんだ。

-そういった本が出ることで、当時のシーンが歴史化されるのはどう思いますか?

ダニエル:悪い気はしないよ。著者のリジー・グッドマンは僕の友人なんだ。あの本に掲載されたインタビューは、たしか6年くらい前のものでね。自分が答えたことも忘れていたくらいだ(笑)。一冊にまとめるのに苦労したみたいだけど、クールな人だしインタビューの内容もよかった。彼女は当時からシーンに関わっていたし、バンドの多くと友達だったから協力を得られたんだ。この本は世界中で広まっていて、僕も様々な国のインタビューで質問されるから、人々がこんなにも興味を持っていることに対して少し驚いている。さっき話したザ・キュアーの公演でも、「ビーチに行った時にあの本を読んでいたんです!」と声をかけられたよ。

人々があの本を読んで、当時のことを詳しく知ろうとしたり、共感したりしているのを見ると、僕が以前読んだ「Please Kill Me」という70年代中旬のロックシーンについての本を思い出す。読んでいてすごく楽しかった本だ。「Meet Me in The Bathroom」も、あの本のような読まれ方をしているのかもしれない。ただ、70年代のNYにおけるロックシーンは本当に革命的だったから、2000年代初頭のそれが同等だったのかはわからないな。

-「Obstacle 1」でのギターカッティングを聴くと、テレヴィジョンと重なる部分も少しある気がします。『ターン・オン・ザ・ブライト・ライツ』には「NYC」という曲も収録されていますが、NYの音楽から受けた影響はありましたか?

ダニエル:そうは思わないな。僕らはいつも素直な状態でリハーサルに臨んでいる。最近もそうだし、昔からそうだった。(制作に取り掛かる時点で)アイデアが山のようにあり、それが尽きることはない。外部に何かを求めるということはないよ。特に、現在のNYのロックシーンについて、自分にはあまり語る権利がないと思う。旅行やツアーでNYを離れていることも多いし、シーン自体も複雑化しているから。それに、NYのシーンについて意見するなら、僕が昔そうであったように、NYに身を捧げていなくてはいけない。

-なるほど。

ダニエル:テレヴィジョンの『マーキー・ムーン』は紛れもなく名盤だけど、NY出身だからという理由で、ストゥージズやカンの名作と並んでいるではない。バンドの出身地は関係なくて、まずは作品が根本にあるんだ。(ドイツ出身である)カンのアルバムを初めて聴いた時、リズムやドラムビートに対する考え方が変わった。わかりにくいかもしれないが、それは僕たちの音楽にもたしかに含まれている。インターポールの曲にカンみたいな瞬間があるとすれば、それは最高の褒め言葉だよ。



-『ターン・オン・ザ・ブライト・ライツ』をどんな作品にしたかったのか、改めて教えてください。

ダニエル:とにかくアルバムを作りたいという一心だった。時間もお金も予算も限られていたけど、この契約にありつくまでに何社ものレーベルから断られていたから、アルバムを作ること自体が夢だったんだ。目標としていたのは、ライブのように聴こえるアルバムを作ること。等身大で臨み、過剰なプロダクションが加えられていないアルバムを作りたかった。収録曲の半分は、もともと他の人と一緒にミキシングをしたけど、仕上がったものはライブをやっているように聴こえなかった。だから、リリースを6カ月遅らせてミキシングをやり直し、もっと直接的な響きになるようにしたんだ。

-昨年に再現ライブのツアーを回っていましたが、アルバムについて何か再発見したことはありますか?

ダニエル:再発見というよりは、忘れていた部分も多かったし、曲を再び練習する必要があったから謙虚さを取り戻す体験だった。収録曲の多くは昔からライブの定番だけど、なかには久しぶりに演奏する曲もあったからね。『マローダー』で作っていた曲をしばらく放置して、『ターン・オン・ザ・ブライト・ライツ』に集中し、アルバムの曲を演奏することは僕たちを謙虚にした。ファンがここまで期待しているとは思わなかったから。

あのアルバムには、人それぞれ思い入れがあるんだと思う。あのアルバムを聴いて、未来の妻に出会った人もいれば、子供が生まれた人もいるかもしれない。大失恋したかもしれない。そんな想いにどうやって応えればいいのか? 人々は何を求めているのか? 僕たちが導き出した答えは、なるべくオリジナルと忠実に、正直でありつつ、現在もこの場に存在していることを意識しながら演奏することだった。そうやってアルバムに対し、素直な解釈ができるようになっていった。とても充実した、そして謙虚な気持ちにさせてくれる体験だったよ。

-かつてのNYシーンから台頭して、今でも上昇曲線を描いているバンドはほんの一握りですが、インターポールはそのうちの一組だと思います。

ダニエル:本当にラッキーなんだと思う。他のバンドについては何も言えないけど、僕たちにとって一番困難だったのは最初の5年間だ。あまり注目されず、デモを送ってもレーベルに断られ続け、金もなくて、若くて、メンバーの自我が強かった頃。バンドをまとめるのは大変だった。そんな僕たちが今でも活動しているのは、一緒に集まって音楽を作ることで、ある種の快感や満足感のようなものを得られるから。評価やセールスとは別に、僕たちには音楽制作によって得られる何かがしっかりと実感できている。それこそが僕たちのケミストリーなんだ。そして、年齢を重ねて経験を積み、アルバムを何枚か出した今では、お互いの意思疎通もうまくできるようになった。だからバンドとしても、『マローダー』に対する思い入れは、他のどのアルバムよりも強い。

僕らは決してビッグになったわけではないけど、音楽に正直な感情が宿っているからこそ、根強いファンベースがあるんだと思う。それに僕たちは、他の誰かになろうとしてバンドをやってきたわけではない。インターポールのアルバムはすべて、バンドの数年間を記録したものだ。フガジも記録していくバンドだったけど、僕たちにできることはそれしかない。そして今、僕はこうして日本でインタビューを受けている。すごいことだよ。今でもそういうことに驚かされるんだ。


Interpol

Interpol Turn On The Bright Lights special show
日時:2018年11月6日(火)
会場:東京・マイナビBLITZ赤坂
OPEN 18:30  START 19:30
チケット:1F スタンディング ¥7,500
2F 指定 ¥8,000(税込/別途1 ドリンク)
https://www.creativeman.co.jp/event/interpol/