カイゴが多才ぶりを見せつけた、さいたまスーパーアリーナ公演のレポートが到着

トロピカル・ハウスの火付け役として知られるスーパー・プロデューサー、カイゴがさる10月27日(土)に、さいたまスーパーアリーナにて自身初となる単独来日公演を開催。約15,000人のオーディエンスを熱狂させた。今回のライヴでは、日本では初めてDJのみならずピアノの生演奏や、ストリングス隊、ゲスト・ヴォーカルを迎えた生パフォーマンスも披露。以下、公式のライブレポートをお届けしよう。

”カイゴ・フェス”と呼びたいほど豪華なサポート・アクトが次々と登場したこのライヴ。日本が拠点のTJO、カイゴの「スターゲイジグ」のシンガーのジャスティン・ジェッソ、フューチャー・ハウスのドン・ディアブロが、会場をしっかり温めた上で、主役のカイゴが登場。ステージ中央のやぐら上のDJブースに現われると、イントロ映像に続いてイマジン・ドラゴンズとのコラボ曲「ボーン・トゥ・ビー・ユアーズ」でスタートした。ステージ後方・左右には大迫力の映像が映し出され、ひっきりなしに焚かれるスモークや火花、飛び交うレーザー光線などに圧倒される。ゲストや見せ場も多数。前述のジャスティンに加えてボニー・マッキーや、前日に公表された新曲「ハッピー・ナウ」ではサンドロ・カヴァッザ(故アヴィーチーのシンガーでもあり、カイゴもアヴィーチーについてMCで言及)がマイクを握り、さらに4人の弦楽奏者が伴奏を添えたり、彼自身もをピアノを弾くなど、様々なスタイルによるパフォーマンスを繰り広げた。

前半はやや速めのBPM(曲のスピード)で一気にオーディエンスを巻き込み、トロピカル王子としての本領発揮は、ゆったりめの中盤から。エリー・ゴールディングとのコラボ「ファースト・タイム」〜「キャリー・ミー」〜「セクシャル・ヒーリング」と続く流れは、至福の境地。ずっとこのまま曲が終わらないで、と願ったほどだ。その後も、ディスコやクラブ寄りに振り切るなど、トロピカル一本槍ではなく、じつに様々なサウンドスケープで楽しませてくれた。

Kygo

Kygo
Photo by Masanori Naruse

終盤は、ロック的ダイナミズムの「キッズ・イン・ラヴ」、セレーナ・ゴメスとのコラボ「イット・エイント・ミー」などでだめ押し。アンコールの最後は、カイゴのピアノと弦楽演奏をバックに、ジャスティンの歌う感動的な「ファイアーストーン」でしっとり締め括られた。

終始、会場全体が和やかな笑顔に包まれた2時間。トロピカル・ハウスだけに留まらない、カイゴの多才な才能と魅力をたっぷりと知らしめてくれた。


<最新シングル>

Kygo
「ハッピー・ナウ feat. サンドロ・カヴァッザ」
配信中
https://lnk.to/KYGO_HappyNow

<日本限定ベスト盤アルバム>
『カイゴ・ヒッツ・コレクション 2018 -ジャパン・オンリー・エディション-』
発売中/配信中
https://lnk.to/KygoHits2018