MØが語るディプロとチャーリーXCX、“ネバーランド”で見つけた故郷との絆

デンマーク出身の新鋭ポップアイコン、MØ(ムー)が日本正式デビュー・アルバムとなる通算2作目『フォーエバー・ネバーランド』を発表した。彼女は2014年にソロ・デビュー。翌年に客演参加したメジャー・レイザー&DJスネイク「リーン・オン」は動画再生回数が24億回を超える特大ヒットとなり、昨年11月に実施されたジャパン・ツアーでは、東京公演のサポートアクトを水曜日のカンパネラが務めたことでも話題を集めた。今回はアルバムの全容を語った公式インタビューをお届けしよう。

ー『フォーエバー・ネバーランド』がようやく完成しましたが、ファースト・アルバム『No Mythologies to Follow』を発表してからの4年間に、多数の客演曲がヒットし、あなたを取り巻く環境は一変しました。『フォーエバー・ネバーランド』にはかなり前から着手していたようですが、一連の体験はアルバムの方向性にどんな影響を与えましたか?

MØ:2014年にファーストを発表したあと、実はすぐに次のアルバムについて考え始めていたの。次なる自分のサウンドを探さなければと思って、2015年に入った頃にはすでに新しい曲を作っていたわ。ただ、その「自分のサウンド」が何なのか、何をテーマに定めるべきなのか、まだはっきりと見極められずにいた。そんな時にメジャー・レイザーの「リーン・オン」が大ヒットして、それをきっかけに突然、みんなが私とコラボしたがって声をかけてくれるようになったの。いきなりたくさんの扉が開いて、大勢のプロデューサーやソングライターが私と音楽を作ることに関心を持ってくれた。それって私にとっては願ってもない話で、素晴らしいチャンスが到来したわけだし、かけがえのない経験をしたわ。



MØ:とはいえ「リーン・オン」の成功で、物事が猛スピードで進んで慌ただしい日々が続いたから、こう、地上に戻ってきて腰を落ち着けて自分の音楽を作るべく、サウンドを探したりプロデューサーを選んだり、テーマを絞るといった作業を再開できるまでに、ちょっとばかり時間を要したのよ。早い話が、時間が必要だったってこと。「リーン・オン」のヒットは私みたいなアーティストにとって、人生を変える大事件だったから。それに私は、ちゃんとしたアルバムらしいアルバムを作りたかった。1枚の作品として一貫性や整合性があって、特徴的なサウンドに貫かれていて、何かを伝えているアルバムを作りたかったの。単にヒット曲を10曲集めてアルバムにするなんてことは、考えられなかった。1本のストーリーにしたかった。だから必要なだけの時間を費やしたんだけど、そういうやり方を選んだことに満足しているわ。

ーパンクをルーツに持つあなたは、いきなりメインストリーム・ポップのど真ん中に進出するという体験を、どう受け止めましたか?

MØ:確かに私はパンク出身なんだけど、それよりも前の子供の頃は、ポップ・ミュージックが好きでたまらなかった。本当に熱烈なポップ・ファンだったの。だから、その後10代から20代初めまではデンマークのパンク・シーンに身を置いて積極的に活動していて、左翼の社会運動にも深くかかわっていたんだけど、MØとして新たなスタートを切った時には、ポップ・ミュージックを作ることに特に違和感は感じなかった。子供の頃はポップ・ファンだから、その後もずっと私の中にポップという要素はあったのよ。ただ、それと同じくらいに、よりエッジーな音楽も愛していた。従って、自分が作るポップ・ミュージックを何らかのエッジや主張の強さ、あるいはパンク的なエネルギーで色付けることが、私には重要だったわ。

ー言うまでもなく、この間にディプロとは特に密な関係を築き上げました。そもそも彼が作る音楽のどんな部分がスペシャルなんでしょうか? あなたと彼のケミストリーをどう言い表しますか?

MØ:まず私は、昔からディプロの大ファンだったの。コラボレーションを始めるずっと前から。彼が作るビートとサウンドは本当にエキサイティングだと思ったし、ほかの人たちが作るものとはひと味違うんだけど、それでいて親しみが持てた。それに、人間的にも興味深いキャラクターだと思えたの。ほら、彼は自分が作る音楽も含めて、たくさんのポリティカルなメッセージを発信していながらも、同時に徹底的に楽しむことを重視していて、それって素晴らしいバランス感だと思ったのよね。ポリティカルでありながら、音楽が与えてくれる喜びに自分を捧げていて。めちゃくちゃクールだと思ったわ。で、その後コラボレーションを始めて、言うまでもなく大ファンだった私にとっては夢が叶ったわけだから、本当にうれしかったし、結果的には師匠みたいな存在になってくれた気がする。

なぜって、彼の音楽作りへのアプローチからは学べることがたくさんあった。常に進化しようという欲求に突き動かされていて、常に境界線を押し広げようとしていて、常にエネルギー満々で、常に新しいアイデアにあふれていて、常にものすごく多彩なアーティストたちとコラボしているわよね。出身国も様々だし、誰もまだ知らないインディ・アーティストだろうが、マドンナみたいな世界的ポップスターだろうが、構わないのよ。とにかく尽きせぬエネルギーと行動力を備えている。それって、そもそもアーティストとして必須の要素だと思うのよね。立ち止まることなく常に新しいことに挑戦している彼のアプローチを尊敬しているし、彼が作る音楽も大好きだし、そういうところに共感できるからこそ、私と彼はいいケミストリーを築いているんだと思うわ。

ー今年初めに公開されたディプロのシングル「Get It Right」のPVは、あなたと彼が一緒に踊るという演出で話題になりました。あのアイデアはどう生まれたんでしょう?

MØ:あれは実はディプロが思い付いたアイデアなの。彼に聞かされて、「最高じゃない!」って思ったわ(笑)。ある日メールをくれて、「ちゃんと振付をして、全く同じ動きをするダンスでビデオを作ろうよ」って言ってきたのよ。私もあのPVは大好き! 本当にキュートよね(笑)。


ーアルバムの話に戻りますが、先ほど一貫性という話が出た通り、『フォーエバー・ネバーランド』はすごくアルバムらしいアルバムですよね。そもそもどんなヴィジョンに則って作ったアルバムなんでしょう?

MØ:まずポップ・アルバムにしたかった。一貫性のあるポップ・アルバムね。でもそれと同時に、パンクにルーツを持つ人間として、パーソナルな作品にすることも重要だったわ。そしてエッジがあって、ゴリゴリしたリアルさがある作品ね。あとは、何かひとつのことに偏ったアルバムではなくて、音楽的にもひとりの人間としても、私の様々な面を見せたかった。そんなわけで、パーソナルで、ひとつの旅みたいなアルバムを目指していたわ。ポップなんだけどエッジがあって、ダークな部分も含んでいて。

ーじゃあ歌詞は全て実体験に根差していると思っていい?

MØ:そうね。実体験だったり、記憶だったり、フィーリングだったり……。あと、中にはその曲を書いた時に感じていたことを素直に記録している歌詞もあるわ。その日何かが起きて、たまたま抱いていたフィーリングを。と同時に、過去を振り返って思い出している歌詞もあるし、とにかく全てパーソナルなのよ。



ーカリフォルニアや西海岸に言及する曲が多数含まれていますよね。

MØ:確かにそうね。というのも、このアルバムは、ヨーロッパとLAの間を行き来する生活を送っていたという事実に、大きな影響を受けているの。知っていると思うけど、最近のミュージシャンの多くは、LAに長い間滞在して色んなソングライターやプロデューサーと共作したりするのが普通でしょ? 私の場合も、「リーン・オン」があんな風に世界的な大ヒットになってからというもの、「君もLAに行って音楽を作るべきだ」と大勢の人に言われた。そうするのが当たり前だとみんな考えているのよ。だからそれを試してみたの。最初はすごく怖かったわ。ほら、私はそんな風に日々知らない人と会って、曲を一緒に書くというようなセッションには慣れていなかったから。それまでの私にとってソングライティングはすごく私的な作業で、ソングライターとしては非常に内向的なタイプだった。だから全く新しい体験だったのよ。

それにLAってしばしば、外の世界から切り離されていて独自に完結している町だと、言われたりするわよね。俳優やミュージシャンの卵があちこちから集まっていて、毎日晴天で……。そういうLAを私は、一種の”ネバーランド”という風に解釈したのよ。だからタイトルを『フォーエバー・ネバーランド』にしたわけ。つまり、『ピーター・パン』に登場するネバーランド、そこで暮らす人は永遠に年を取らないネバーランドね。そういう若々しいエネルギーに溢れた町だから。それってすごく美しいアイデアではあるんだけど、同時に当時の私は、そういう隔絶した世界に吸い込まれてしまうのがすごく怖かった。なぜって私はLAにいても、自分のクリエイティヴィティの核の部分を維持したかったの。ミュージシャンなら誰もがLAに行って、決まったやり方で音楽を作っていたけど、私はデンマーク人であり、それまで独自のやり方で音楽を作っていたから、アーティストとしての自分の出自に背を向けたくなかった。自分の出自に正直であることが重要だと思った。そんなわけで、LAと故郷を行き来しながらの生活を通じて私は色々学んで、こうして歌詞にも反映されているのよ。

ーそういう意味で「Nostalgia」みたいな曲は、まさに自分の出自との絆を維持するために書いた曲だったりするんでしょうか? PVも故郷で撮影していましたよね。

MØ:ええ。ほかにも、無意識のうちにそうしていた曲があるわ。アルバムの収録曲はほとんどLAで書いたから、私はずっと故郷から遠く離れた場所にいた。そのせいで、常にデンマークにある過去を振り返りたいという欲求を抱いていて、自分のこれまでの人生や子供時代とコネクションを保っていなければという必要性をひしひしと感じていたの。すごく不思議な感覚なんだけど。あともうひとつ言えるのは、私は30歳になったばかりで、つまり20代後半になってから色んな体験をして、そして30歳の誕生日を目前にしてこれらの曲を書いた。人間ってみんなそうなんだろうけど、20歳とか30歳とかキリのいい年齢に差し掛かると、一旦立ち止まって、自分が歩んできた道を振り返ったりするものよね。私の場合もまさに典型的なケースで、このアルバムでそれを実践したのよ。



ーまた、今回はほぼ全曲でプロデューサーのSTINTとコラボしていますね。なぜ彼を選んだんですか?

MØ:彼とコラボを始めたのは、2017年も終わりに近付いた頃だったわ。私はファーストを作り終えてから、「リーン・オン」以降の慌ただしい時期も含めてずっと、セカンド・アルバムのエグゼクティヴ・プロデューサーを務めてくれる人、色んなことを任せて、私のパートナーになってくれる人を探し求めていたの。アルバムを作る際に最も重要なことと言えばソングライティングであり、いい曲をたくさん用意することよね。でも、それにも劣らずに重要なのは、これらの曲にサウンドを与えてまとめ上げて、一本の流れを作り出せる人、色んな意見をやり取りできる人を見つけることだと思うの。で、2017年の夏だったと思うけど、ラジオでとある曲(ジェイコブ・バンクスの曲「Chainsmoking」)を聴いた時にすぐにピンと来て、「私が組むべきプロデューサーはこの音を作った人だ」と確信したの。そうしたら、まさにその曲をプロデュースした人と、すでに過去にコラボ経験があったことに気付いたのよ。そこで早速連絡して一緒に作業を始めて、彼はアルバムを完成させるにあたって本当に重要な役割を果たしてくれた。心から感謝しているわ。



ーサウンドの方向性についてはどんな話し合いをしたんですか? このアルバムはダンスホールから王道のバラードまで多様なスタイルを網羅していますよね。

MØ:そうね。例えばバラードって私は基本的に大好きだし、スローで、よりエモーショナルな曲をふたつくらい用意しなくちゃと思っていたの。その一方で、聴いてもらえば分かるかもしれないけど、リズムの面ではドレイクの作品に影響されずにいられなかった。あと、ジェイミー・エックス・エックスやSZAにもインスパイアされたっけ。だから、プロダクションに関しては色んな話をしながら進めたわ。でも時には、スタジオにいる時に、その場の雰囲気で自然に生まれたサウンドもある。そういう時は、昔から持っている影響源が自然に現れたりするのよ。


ー本作には4組のゲストも参加しています。ディプロは言うまでもないとして、以前から何度か共作・共演しているチャーリーXCXの名前も、「If Its Over」にありますね。

MØ:ええ。チャーリーと私はほぼ同時期にブレイクして……活動歴で言えば彼女のほうが長いんだけど、同時期に同じような立場にいるアーティストとして親しみを感じていたの。ほら、チャーリーも私も元々インディ・アーティストとしてスタートして、だんだんポップに変化していったでしょ? だから、知り合ったのは2014年なんだけど、それ以前から彼女と自分は同じような道を歩んでいるんだという意識があった。で、2014年に初めて対面した時、即座に惚れちゃったの。すごくスウィートで、飾らない性格の女性で、一緒にいると楽しいし、エネルギーを漲らせているし(笑)。ソングライターとして大きな才能の持ち主であるだけでなく、表現者としても然りで、様々なポリティカルな主張もしている。だからすごくクールな人だと思うし、私たちが一緒にいると、すごくフレンドリーなエネルギーが自然に生まれるのよ(笑)。アルバムに参加してもらえて本当にうれしいわ。

そういう意味ではもうひとりのゲストである、エンプレス・オブにも同じことが言えるわね。彼女についても以前から大ファンで、ほぼキャリアが重なっていて、2013年のSXSWで初めて会ったの。びっくりするくらいスウィートでクールな人で、どうしても「Red Wine」に参加してもらいたかった。それで打診してみたら、即座に返事をくれてやる気満々で、彼女にも感謝しているわ。ほんと、めちゃくちゃクールな人なの(笑)。


アルバムの発売を記念して、MØ本人が「好きな女性アーティスト」をセレクトしたプレイリスト。チャーリーXCXやエンプレス・オブに加えて、カミラ・カベロ、シルク・シティ、リタ・オラといったポップス・シーンの最前線で活躍するアーティストから、彼女に影響を与えたであろうスパイス・ガールズやマドンナといったポップス系や、クランベリーズ(ドロレス・オリオーダン)やソニック・ユース(キム・ゴードン)といったロック/パンク系のアーティストたちの曲が選ばれている。

ービジュアルの話もしたいんですが、アルバム・ジャケットはファーストとは全くテイストが違いますよね。どんなコンセプトのもとに撮影したんですか?

このジャケットについては、言わば、マジカルなリアリズム、みたいなもので遊んでみたかった。何しろタイトルは『フォーエバー・ネバーランド』だし、さっきも話した通りに、LAという町を全編を貫く底流として位置付けている作品だから、LAで撮影したことは言うまでもなく、ブルーの空を背景に、どこか子供みたいな無邪気な要素を含んだヴィジュアルを目指していたの。ただ、子供みたいなところがありつつも、実は大人であることを仄めかしつつ。ジャケットに限らず、このアルバムにまつわるビジュアル制作は本当に楽しかった。それに、確かに前作とは全然テイストが違うわよね。あの時はブラック&ホワイトでまとめることにこだわっていたの。その点今回はずっとカラフルで、私自身にとってもすごく新鮮で、うん、気に入っているわ(笑)。

ー続いてファッション絡みの質問をいくつか。去年あなたは大胆にヘア・スタイルを変えましたが、この先新たに試してみたいスタイルはありますか?

う~ん……どうだろう、とりあえず今後ほかのスタイルに変える可能性があるとしても、少なくともあと4カ月間はこの髪型をキープすると思うわ。だってものすごく気に入っているの。ほら、私のファッションは基本的にアンドロジナスなテイストなんだけど、ショートヘアだとはっきりした色の口紅や大き目のイヤリングで遊べるし、すごくフェミニンな服を着ても面白い。ヘア・スタイルが男っぽいと、うまくバランスが取れるのよ。それって楽しいでしょ? これまで随分長い間ロングヘアだったから、女っぽくなりすぎるのが嫌で、色が控えめの口紅を選んだり、ドレス系の服を避けていたりしていたの。でもショートヘアなら、ほかの要素を思い切り女っぽくすることも可能なのよ(笑)。

ー最近、特にお気に入りのブランドはありますか?

私の場合その時々に結構変わるし、なんだかんだ言って一番重要なのは、ビンテージとハイエンドなデザイナーものをミックスすることだと思っているの。常にそれは意識しているわ。で、昔からずっと好きなのがアレキサンダー・ワンね。あと、今はすごくバレンシアガにハマっているの。ただバレンシアガに関しては、今ものすごくノってるブランドだから、誰もが夢中なのよね! 地元のデザイナーだとアストリッド・アンダーセン(Astrid Andersen)という人が好き。それからガニー(Ganni)もオススメよ。かなり有名なブランドだから、日本でも買えると思うけど。デンマークならこのふたつがまず思い浮かぶわ。ほかにも素敵なブランドがたくさんあるけど。

ーオフの時はどんな風に過ごしていますか?

何もできないくらいめちゃくちゃ疲れている時を除けば、間違いなく、自分にとって大切な人たちと一緒に過ごすことを最優先するわ。だって離れて過ごすことが多いから、わずかでも時間が見つかったら、そうせずにいられないの。めちゃくちゃ疲れている時はNetflixを見てるか、寝てるか、どっちかね(笑)。

ーNetflixのお気に入り番組は?

『ル・ポールのドラァグ・レース』なんだけど、全エピソード見ちゃったから困っているの。あとは『ボージャック・ホースマン』と『Project Catwalk』ね。

ー日本にはすでに2度来て公演しています。2度の訪問を振り返って特に印象に残っていることはありますか?

ええ。ひとつじゃ済まないんだけど、まず日本に行った時のことを振り返ってみて最初に頭に思い浮かぶのはー厳密には東京の話なんだけど、日本全般にも言えることなんでしょうねー目に入る人みんなが、素晴らしいファッション・センスの持ち主だったってこと。あんなにも服を買うのにたくさんのお金を使ったことは、あとにも先にもないわ(笑)。どのお店でも何かしら買いたいものがあった。なぜって、日本で売っているものはすごく親しみが持てるんだけど、どこかがひと味違って、ヒネリがあるのよ。クリーンなんだけどエキサイティングな要素が含まれていて。うまく言い表せないのよね。とにかく夢中にさせられたの。そして食事も最高だったし、デザインとか美意識においても素晴らしいし、本当に楽しかった!

ー最後に日本のファンへメッセージをお願いします。

いつも応援してくれてありがとう! 日本の人はみんな親切だし、行くたびに心から滞在を楽しめたから、できるだけ早く、またみんなと会うためにそっちに行きたいと思っているわ!


MØ


『フォーエバー・ネバーランド』
発売/配信中
SICP-5908/2,200円+税
国内盤CDには、配信限定でリリースされていた自身の人気楽曲「ファイナル・ソング」「カミカゼ」「ナイツ・ウィズ・ユー」の3曲が追加された全17曲を収録。
試聴・購入リンク:
https://lnk.to/MO_ForeverNeverland
日本公式サイト:
http://www.sonymusic.co.jp/artist/mo/