WOWOWの「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」で主人公・石川百合役を演じる吉田羊さん(C)WOWOW/Warner Bros.Intl TV Production

 女優の吉田羊さんが主演するWOWOWの「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」が10月13日から放送される。2016年に放送された、未解決殺人事件(通称コールドケース)の真相を解明する捜査チームの活躍を描く刑事ドラマの続編で、吉田さんは引き続きチームを引っ張る刑事・石川百合を演じる。吉田さんに同ドラマへの思いや共演者との撮影エピソード、主演としての意識などを聞いた。

 ◇主人公・百合役は「一生付き合っていきたい役」

 「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」は、未解決殺人事件(通称コールドケース)の真相を解明する捜査チームの活躍を描き、03~10年に全7シーズンにわたって米CBSで放送されて世界的に大ヒットしたドラマ「コールドケース」を日本版オリジナル設定でドラマ化。16年にシーズン1を放送した。続編となるシーズン2も、石川百合を吉田さん、百合を支える年下の相棒・高木信次郎を永山絢斗さんが演じ、立川大輔を滝藤賢一さん、金子徹を光石研さん、本木秀俊を三浦友和さんと引き続き出演。ゲストとして、橋爪功さんや宮藤官九郎さん、佐藤浩市さん、飯豊まりえさんらが出演する。

 主演を務める、強いリーダーシップを発揮する百合を演じる吉田さんは、「『コールドケース』という作品と、石川百合という役が本当に好き」と思いを吐露し、「自分との境目が分からなくなるぐらい感情移入できる。一生付き合っていきたい役だと思っていましたので、シーズン2が決まったときはうれしかったですね。できればシーズン3、4と続けていきたい」と役への強い思い入れを語る。

 続編では、永山さん、滝藤さん、光石さん、三浦さんら息の合ったメンバーも続投する。吉田さんは「同じ作品の続編を2年後にやる、ということは、同じ世界でありながら、新しいものを提供しないといけない。一見矛盾するような、相反する作業を同時にやらなければいけない」と続編の難しさを語りつつ、「捜査1課の4人も、シーズン1で同じ役を生きています。役がなじんだ上でシーズン2の撮影に入れるので、一段階上の作品づくりができていると感じましたし、深化したシーズン2になっているな、と現場に入って感じました」と手応えも明かす。

 撮影初日には、変わらないキャスト、スタッフに囲まれ「ホームに帰ってきた」気持ちになった、と吉田さんはいう。「取調室のシーンから始まったのですが、リハーサルで相手に詰め寄る芝居をしたとき、監督が『ああ、百合が帰ってきた』と言ってくださったんです。それを聞いて『ああ、みんな同じ気持ちでいてくださったんだ』と思い、ここが私のホームなんだ、と思うことができました」とほほ笑みを浮かべる。

 ◇深まった共演者との絆 「心を開いてくれた」

 レギュラーメンバーとの絆も、シーズン1を経て、さらに深まったと吉田さんは感じている。それは、百合の相棒の刑事・高木役を演じる永山さんとの関係にも表れている。吉田さんは永山さんについて「心を開いてくれたなと思いました(笑い)。シーズン1のときは、私を『吉田さん』と呼んでいましたから。それが『羊さん』と呼んでくれるようになったので、どこかで『石川百合=吉田羊』と認めてくれたというか、認識されたのかな、と。現場でも、永山君と共演シーンについてディスカッションする瞬間がたくさんありましたし、より信用してくださっているのかなと思いました」と関係性の変化を口にする。

 チームを見守る頼れるボス・本木秀俊役の三浦さんとの距離感にも変化があったという。「シーズン1より、現場で我々の近くにいてくれました。例えばランチのとき、これまでは別々にとることが多かったんですが、今回の撮影では『一緒に食べようか』と来てくださったり。5人のチームワークができてきたな、と思いましたね」とうれしそうに語る吉田さん。さらに、滝藤さんが撮影の合間に「近くの机とか使ってすぐ筋トレを始める」というエピソードも披露し、「それを見た三浦さんが、『ここを鍛えるにはこうするといいよ』と。そしてそのストレッチを全員でやる(笑い)。もちろん私もやりました」と楽しそうに語る。    そういったチームワークのよさは、作品にも確実にいい影響を与えている、と吉田さんは言い切る。「演技への影響は、絶対あると思いますね。信頼度が増した、ということで。カメラが回っていないところでの過ごし方って、絶対に芝居に出るんですよ。そういう意味でも、撮影では(捜査1課の)5人でいる時間が長かったですし、なんでもない会話をする時間も増えたと思います。今回は、『おはよう』と入ってきてそこから雑談……というカットがふんだんに使われているんですが、それは、カメラが回っていないところからの延長でお芝居に入っていく、という流れで自然にできたんだと思います」と語る。

 とはいえ、一方では、「なれ合いは一切ない」という。「みんなプロなので、せりふ回しで気持ち悪いと思えば、現場が止まったとしても徹底的に監督に直談判しますし。いい意味で妥協しない、貴重な現場だなと思います」と吉田さん。「出来上がった作品は、妥協のなさが反映されているクオリティーなので、やっぱりあの時間は必要だったんだと答え合わせができるんです」と仕上がりに自信を見せる。

 ◇目指すは“原作超え” 「映画化」構想も…

 演じる百合はチームを引っ張る刑事。現場でも、吉田さんは“座長”という立場にあるが、座長としての意識を聞かれると「実はシーズン1から、ないんです(笑い)」と自然体だ。吉田さんは「現場で自分が居心地よくいれば、居心地いい空間になるのではと思っているので、無理をすることはしないようにと心がけていました。座長として立たせていただいてはおりますが、あくまでゲストの皆さんが主役で、我々はゲストの皆さんをサポートしていく形なんです。幸い、座長や主演ということを意識しないでいられる作品。滝藤さんも、私が楽でそこにいてくれるから俺たちも気を使わずに済む、と言ってくださっているので、あながち間違っていないかなと思っています(笑い)」と語る。

 今後は「シーズン3、4と続いてほしい」という吉田さん。そのための一つの道筋として、“映画化”という願望も口にする。「例えば1回映画化して、『コールドケースという作品があるらしい、実は連ドラ化もされているらしい』と視聴者に逆輸入でWOWOWに来ていただいて、シリーズが続いていくといいな、と。(米国の)原作はシーズン7までありますが、できれば“原作超え”したい。日本人らしく、末広がりでシーズン8まで」と笑い、「死ぬまでやりたいですね、ビジュアル的に許されれば(笑い)」と冗談を交えつつ、力強く語った。

 「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」は10月13日からWOWOWプライムで毎週土曜午後10時に放送される。全10話で第1話は無料放送。