国内最大のゲームの展示会「東京ゲームショウ2018」(会期:9月20~23日、20・21日はビジネスデイ)が20日、千葉県・幕張メッセで開幕した。企業ブースの中でも、コンパニオンが風呂に入ったシチュエーションで、Xperiaの防水機能を前面に出した"Xperia風呂"がおなじみとなっていたXperiaブースでは、今年は大きく趣向を変えたショータイムが行われた。

今回は場面を"お部屋"に変え、Xperiaを使ってPS4が手軽にプレイできることをアピール。パジャマ姿のコンパニオンたちが、PS4リモートプレイ機能でベッドやソファでくつろぎながらゲームを楽しんでいた。さらに、動画やゲームに合わせて振動するダイナミックバイブレーションシステムや、離れた相手とオンライン上で同時にゲームできるマルチプレイが紹介されていた。