エアトリは9月21日、「単身赴任」に関する調査結果を発表した。調査期間は8月23~28日、有効回答は10~70代の個人997人。

  • 「今までに、ご自身またはご家族が単身赴任をした経験はありますか?また、赴任先は『国内』『海外』のどちらでしたか?」

今までに、自身または家族が単身赴任をした経験はあるか尋ねたところ、51.3%が「はい」と回答。赴任先については、「国内」が67.7%、「海外」が28.0%となった。

単身赴任が決まった時の気持ちを聞くと、「とても満足・満足」と答えた割合は、自分自身が単身赴任した人では19%、配偶者・家族が単身赴任した人では18%。一方、「不満・とても不満」との回答は、自分自身17%、配偶者・家族33%と、家族が単身赴任した人の方が不満に思う割合が高かった。

実際に単身赴任が始まった後の気持ちとして、「とても満足・満足」と答えた割合は、自分自身36%、配偶者・家族21%。他方、「不満・とても不満」との回答は、自分自身16%、配偶者・家族31%と、本人の場合は満足の割合が増えたものの、家族の場合は単身赴任が決まった時とほぼ同じ結果となった。

単身赴任が決まった時、嬉しかった理由を問うと、本人は「昇進・仕事に集中できる」(34.2%)、家族は「気を使わなくてすむ」(28.8%)がトップ。2位は本人・家族ともに「自由な時間が増える」(本人30.2%、家族21.2%)となった。

自宅に帰る頻度は、国内では「月に1回程度」(46.5%)、海外では「半年に1回程度」(39.4%)が最多。費用については、国内では「1万円以上3万円未満」(45.7%)、海外では「10万円以上」(43.9%)が最も多かった。