「ゴールデンカムイ」を“老人化”した特別版「シルバーカムイ」 (C)野田サトル/集英社

 「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の野田サトルさんのマンガ「ゴールデンカムイ」のコミックス15巻発売と、9月17日の敬老の日を記念して、特別版「シルバーカムイ」が特設サイトで公開された。特別版は、「ゴールデンカムイ」のキャラクターやせりふなどを“老人化”したフルリメークマンガで、人気キャラクターの杉元やアシリパらが老人になった姿が描かれている。コミックス15巻は19日発売。

 「シルバーカムイ」は全96ページで、「ゴールデンカムイ」の中でも人気がある第20話「食い違い」、第51話「殺人ホテルだよ全員集合!!」、第52話「無い物ねだり」、第53話「不敗の牛山」、第54話「ことづて」、第115話「蝗害」、第116話「青い目」を“シルバー仕様”の絵とせりふで収録。ストーリーもオリジナルとは異なる展開を楽しむことができるという。特設サイトでは、「シルバーカムイ」収録話のオリジナル版も無料公開。「シルバーカムイ」と「ゴールデンカムイ」の読み比べもできる。

 「ゴールデンカムイ」は、2014年から「週刊ヤングジャンプ」で連載中のマンガ。かつて日露戦争で活躍した“不死身の杉元”が、北海道で死刑囚が隠した埋蔵金の手掛かりをつかみ、アイヌの少女アシリパらと共に冒険を繰り広げる姿を描いている。アイヌの文化や歴史、食事の描写なども評価され、「マンガ大賞2016」で大賞を受賞した。テレビアニメ第1期が4~6月に放送された。第2期が10月8日からTOKYO MXほかで順次、放送される。