モウリーニョ監督について語ったルカク [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが、同チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督について語った。イギリス紙『デイリーエクスプレス』が15日に伝えている。

 モウリーニョ監督は、フランス代表MFポール・ポグバやフランス代表FWアントニー・マルシャルとの不仲が囁かれ、所属選手は同監督に不満を募らせていると報じられていた。

 しかし、ルカクは「サッカー選手は繊細な面がある」とコメントし、モウリーニョ監督への理解を求めた。

「僕とモウリーニョ監督の関係は良好だよ。僕は彼から攻撃を受けたなんて思っていないよ。僕はタフだからね。彼は選手たちを笑わせてくれる。家庭的な人だからね。彼は選手のために戦ってくれる」

「幸せではないときに、気持ちを偽る必要なんてない。僕たちはそれを理解する必要がある。プレミアリーグの監督たちは幸せではないときに、幸せに見えるようにしているからね。彼が自分の個性を維持しようと努力し、争いを避けようとしないことをリスペクトしなければいけないよ」