ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める大矢明彦氏

 15日に放送された『ショウアップナイタースペシャル 今こそ!プロ野球!!』に出演した大矢明彦氏が、ヤクルトの1番・坂口智隆、2番・青木宣親の1、2番コンビに「強力な1、2番ですよね」と称賛した。

 1番を打つ坂口は打率.317、143安打、出塁率.414をマークすれば、2番の青木は打率.329、148安打、出塁率.415、犠打0と坂口、青木ともに出塁率が4割を超える。

 大矢氏は「坂口、青木というのはお互いをフォローしながら、相手の良さを自分で利用している。左ピッチャーでも全く関係ありませんし、この2人がいるから山田、バレンティンの打点が増えていきますよね」と分析した。

 大矢氏が話したように、走者を置いて3番・山田哲人、4番・バレンティンに回ってくる確率が非常に高く、バレンティンはリーグトップの118打点をマークする。1、2番の出塁率が高いからこそ、3番・山田、4番・バレンティンの打点が増え、チームの得点力アップに繋がっているといえそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)