「ドクターY ~外科医・加地秀樹」に出演する勝村政信さん

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子」(テレビ朝日系)のスピンオフ「ドクターY ~外科医・加地秀樹」の第3弾の配信が15日からスタート。勝村政信さん演じる、金に汚いが「腹腔(ふくくう)鏡の魔術師」との異名を持つすご腕の外科医・加地秀樹が、今度は静岡の大学病院分院で教授選に立候補する……というこれまでにない展開だ。大門未知子を演じる米倉さんとは「本当の親戚と言ってもいいぐらい」と、公私で付き合いがあると話す勝村さんに、本作の見どころを聞いた。

 ◇加地秀樹は「人間的に小さければ小さいほど、面白い」

 今年の10月クールは「ドクターX」ではなく、米倉さんの主演ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」が放送予定。勝村さんは「『Y』も無いのかなと思っていたので、ありがたいです」と第3弾の決定を喜ぶ。加地の人気について「見事に、小さな人間が描かれている。加地は金に汚いけど、技術はしっかりしている。人間までしっかりしていたら、スーパーマンになって魅力が半減してしまうじゃないですか。人間的に小さければ小さいほど、面白いのかな」と分析する。

 そんな加地が今回は教授選に名乗りを上げる。加地はこれまで権力や名誉に関心を示していなかったため、ファンからは驚きの声も上がっているが、勝村さんは「きっかけが老化現象。体が付いていかない。50歳を過ぎた僕らに共感できるところじゃないですか。今まではできたことが何もできなくなってくる。どこで折り合いを付けるのかといったら、教授選に出る、現場にこだわり切れなくなってきたという選択肢。それほど教授にこだわりがあるわけではない」と納得している様子。

 第2弾では、少女の霊が目撃される病院で、怪奇現象に加地がビビりまくるというコメディータッチなストーリーだったが、「僕にとっては、教授選がホラーです(笑い)。恐ろしいじゃないですか。体が老化で壊れ始めて、想像を超えるお金が動いていたり、裏で暗躍している女先生がいたり。教授選の資金が数千万(円)と積まれて、『それあんたの責任だからね』って言われるんですよ。さすがに加地も、キャッシュでそんなに持っていないだろうし……」と、笑顔で見どころを語る。

 ◇米倉涼子、岸部一徳らと公私で交流 「それぞれが刺激し合っている」

 鶴田匠役で野間口徹さん、教授選の舞台となる病院の最年少教授・富士宮小百合役でりょうさんが出演する。野間口さんとの共演について「彼のやることは全てにおいて的確なんですね。リミッターを付けていて、ブレーキをかけることができる。彼とやれば間違いが無いという。いつも横にいてくれたら楽なのに(笑い)」。

 りょうさんとは家族ぐるみの付き合いで「(撮影前に)久しぶりに連絡したら、『私、クールに演じますから』って言っていたんですけど、僕が邪魔して『ドクターY』の世界に無理やり引きずり込んで。『医療コントドラマにようこそ』という感じです(笑い)」とにやり。

 今回も米倉さん扮(ふん)する大門未知子や、岸部一徳さん演じる神原晶ら「ドクターX」のおなじみのキャラクターが登場する。米倉さんら「ドクターX」のキャスト陣について、勝村さんは「ずっと一緒にいる感じですね、本当の親戚といってもいいぐらい。公私が混合してしまっているような仲間ですね」と明かし、「私生活の相談とかもしていますからね。言えないようなことをみんな知っていますから」と話す。

 「この間も一緒にご飯を食べたんですけど、普通に親戚の飲み会でした。撮影で(岸部)一徳さんとか居て、彼らの撮影が終わる時間は昼過ぎだったので、午後7時からご飯に行こうってなって。僕は10時過ぎまで撮影だったんですけど、(ドクターX出演の)西田敏行さんから電話がかかってきて『ばか者、なんでお前は来ないんだ!』って。俺は撮影中だっていうのに(笑い)。そんな感じの仲間です」と明かす。

 「西田さんや一徳さん、米ちゃん(米倉さん)なんて日本を代表するスーパーな役者なので、ご一緒するだけでも勉強になりますし、不思議な、でも緊張するでもないし……。それぞれが刺激し合っている、良い関係が続いているドラマってなかなか出合えないですね」と語る。

 「ドクターY」第4弾について聞いてみると、「確実にあるでしょうね。こういうのは思い込みですから、断言しておきましょう」と力を込める。これまで高松や金沢、大洗、本作では静岡といった数々の病院に赴任した加地だが、次に行きたい場所を聞くと「そろそろ北海道とか東北とか寒いところに飛ばされるのもありかな。もしくは沖縄とか離島とか」と希望していた。

 「ドクターY」は、「腹腔鏡」のスキルと要領の良さだけを武器に突き進む外科医・加地秀樹(勝村さん)が、うっかり金に目がくらみながらも、外科医の本分の手術や治療を成し遂げる姿を描く人気スピンオフシリーズ。第3弾は「ドクターY 外科医・加地秀樹~遙かなる教授選」と題し、金には無限に汚くても出世には関心を示さなかった、ある種孤高の医師の加地が、自らの老化を自覚した途端、何を血迷ったのか「帝都医科大学付属静岡第11分院」で教授選に名乗りを挙げる……という展開。15日からKDDIの動画配信サービス「ビデオパス」と「テレ朝動画」で毎週2話ずつ配信される。