【NEWOPEN】9月13日オープン!「渋谷ストリーム」のグルメスポット5選

オリジナルレシピで独自の製法により抽出される非加熱のレモネードで話題のレモネード専門店。オリジナルレモネードのほかに、ストロベリーやピーチ、アイスティーやコーラなど、フレーバーは全13種。搾りたてのレモン果汁を追加してフレッシュ感をアップしたり、カスタマイズで自分好みのレモネードを楽しめます。

開店は朝8時。クロワッサンがセットになったモーニングメニューもあるので、出社前に立ち寄れば、シャキッとフレッシュな気分で1日をスタートできます。

バルセロナで25年以上地元の人に愛され続けているパエリアを提供するシーフードレストランが日本初上陸。本国の味を再現するために「国産バレンシア米」を使い、直火で約17分かけて炊き上げるパエリアは、米の一粒一粒に魚介やチキン、野菜などのスープが凝縮。木のスプーンですくって食べるスタイルだから、鍋肌のおいしい部分も余さず味わえます。

店名の「XIRINGUIT(チリンギート)」はスペイン語で「海の家」の意味。その名のとおり、店内は南欧の開放的な海辺のイメージです。グラスまたはデキャンタで注文できるサングリアは、赤・白・スパークリングに加え、純米酒ベースの4種類。クリスピーなパンの上にイベリコ豚の生ハムをたっぷりのせた「エアバッグ」(2400円)やガーリックがきいたソースをかけたフライドポテト「パタータスブラバス」(800円)など、お酒にあう前菜もそろっています。

生地・チーズ・メイン・トッピングを自分好みにカスタムできるピザショップ。生地は石臼挽き全粒粉に旨み成分として昆布の粉末を加えた「シグネチャークラスト」や大豆粉を使ったグルテンフリーの「ソイクラスト」など3種、チーズはモッツァレラに加え、ヴィーガン仕様の発酵豆腐チーズなど4種、メインは野菜やハーブをたっぷり使用した10種のデリをラインナップ。「ヘルシーにピザを食べたい」というわがままを叶えてくれるショップです。


本格的なフランス料理をタパスサイズ&フォークで気軽に味わえるレストラン。コースメニューは存在せず、料理はすべてアラカルト。常時12種類そろうフランス産のグラスワイン(1杯500円〜)とのマリアージュを楽しみましょう。料理ができあがる様子がライブで見られるカウンター席がおすすめです。

高級食材のロブスターをカジュアルなスタイルで楽しめる、NY発のロブスターロール専門店「LUKE'S LOBSTER」。渋谷ストリーム店では、日本限定メニューとして「柚子胡椒 ロブスターロール」が新登場。柚子胡椒、レモンバターソース、醤油をからめた旨味たっぷりのロブスターに、柚子ピールのトッピングでさわやかさをプラス。和食材でロブスターの旨みを引き出した、新しいロブスターロールが味わえるのはこのお店だけです。

「渋谷ストリーム」は旧東急東横線渋谷駅のホームおよび線路跡地を利用した「旧渋谷駅南街区プロジェクト」の一翼を担う、大規模複合施設です。渋谷で働くワーカーや近隣住民がふらりと訪れやすい、等身大のニーズをかなえる飲食店がそろった商業ゾーンに加え、オフィスやホテル、イベントホールなど、仕事と遊びをシームレスに楽しむ、渋谷らしいライフスタイルを支える施設が集まっています。

官民連携により再生された渋谷川に面したフロアには、2つの広場が誕生し、さまざまなイベントやプロモーションが実施される予定です。

さらに、渋谷川沿いの旧東急東横線渋谷駅線路跡地が整備され、同日にオープンした複合施設「渋谷ブリッジ」へとつながる遊歩道が完成。渋谷エリアから代官山・恵比寿エリアまで、のんびりお散歩できる新たなルートが誕生しています。

休日のおでかけに、仕事帰りのリフレッシュに、渋谷の新スポットをぜひ訪れてみませんか?