映画「あのコの、トリコ。」の試写会イベントに登場した吉沢亮さん

 俳優の吉沢亮さんが13日、東京都内で行われた主演映画「あのコの、トリコ。」(宮脇亮監督、10月5日公開)の試写会イベントに参加。地味でさえない眼鏡男子の鈴木頼を演じた吉沢さんは「プライベートは全然もてないですよ。僕の中にキラキラ要素がなくて、地味な男なので、根暗な男の方がなじむというか、演じやすかったです」と振り返り、「家でずっと、マンガ読みながら酒を飲んでいる方が好き」とインドア派であることを明かした。

 また、タイトルにちなみ、自分が“トリコ”になっているものを聞かれた吉沢さんは「お笑い芸人さんの動画にはまっています。トリオの『トンツカタン』さんとか」と明かし、「シュールでありつつ、キャラクター性が面白くて」と魅力を熱弁。イベントスタッフから「ラブストーリーらしい回答を……」と指示が入ると、苦笑いしつつ、「『こういうのにはまっていたら可愛い』ってある?」と観客に“逆質問”していた。

 「あのコの、トリコ。」は、白石ユキさんが少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で連載、コミックスの累計発行部数100万部突破の人気作。映画では、主人公のメガネ男子・鈴木頼を吉沢さんが演じ、頼がいちずに思いを寄せるヒロイン・立花雫役で新木優子さん、人気俳優として活躍する頼と雫の幼なじみ東條昴役で杉野遥亮さんが出演し、芸能界を舞台にした三角関係が描かれる。