業界ニュース[2018.09.12 UP]


レクサス ES、世界初のデジタルアウターミラーを搭載


文●ユニット・コンパス 写真●LEXUS

 レクサスは、2018年10月に発売予定のプレミアムセダン「ES」にドアミラーをカメラと液晶モニターに置き換える「デジタルアウターミラー」を採用すると発表した。
 この技術は、量産車としては世界初となるもの。「ES」の一部グレードにメーカーオプションとして用意されることになる。
 


2018年10月下旬登場予定のレクサス ES





デジタルアウターミラーとは、今までのサイドミラーに代わるもので、フロントドア外側にあるカメラで撮影した車両左右後方の映像を、フロントピラー部の5インチディスプレイに表示する。雨滴が付着しにくいカメラ形状としたことで、天候の影響を受けにくい良好な視認性が確保できる。


サイドウインドウに雨滴がついても視界は確保される


夜間にも人間の目以上に明るく見ることが可能だという



 また、車線変更や右左折時などにウインカーレバーを操作したり、バックギヤに入れた際は、表示エリアを自動的に拡大。ドライバーの任意で表示エリアを広げることも可能だという。そのほか、従来のサイドミラーを小型のカメラに置き換えたことで、斜め前方が見やすくなり、風切り音低減などのメリットもある。

  ミラーをカメラとモニターに置き換えるアイデアは、以前からモーターショーなどに登場するコンセプトカーなどに見られたが、ついにそれが現実の路上で実現することになる。
 世界初の技術「デジタルアウターミラー」は、新型モデル「ES」の日本参入を盛り上げる一助になりそうだ。


通常の視野角


表示エリアを広げた状態