たつのこ書店【長野県】

松本城ほど近くのナワテ通りには、多くのベンチが並びます。その中で、ひときわ可愛らしいバッタのベンチが目印の「たつのこ書店」。店内には昔懐かしい絵本からおもしろい着眼点のもの、社会問題を扱う本まで様々な商品が並びます。子どもの小さな疑問にはっとさせられたり、ルーティンワークに陥りがちな日常にインスピレーションをもたらしてくれる、出張中のビジネスマンにも是非立ち寄ってもらいたい書店です。

懐かしい本を広げ、新しい発想が生み出す


「たつのこ書店」は、まるで図書館の子どもの絵本スペースのよう。暖かい照明の下に、丸いテーブルが一つ。それを囲むように色とりどりの絵本とおもちゃが並びます。そんな空間に座り、じっくり本を選んだり読むことができるのが魅力です。ときにはカップルがおすすめの本を互いに紹介し合ったり、自分の孫や子どものために絵本を真剣に選んでいる大人の姿が見受けられます。商品の絵本の中には、古くて一般の書店に出回っていないものもあるので、新しい本との出会いが期待できそう。昭和の香りが漂う「ナワテ通り」を歩きながら、かつて子どもだった頃の自分が大切にしていたものを探しに、この書店を訪れてみてはいかがでしょう。