• 目覚まし時計のイメージ画像

    大音量タイプから音声録音に特化したものまで、さまざまな目覚まし時計をご紹介!

毎朝の目覚めを手助けしてくれる目覚まし時計。大音量で鳴るものから睡眠の質を計測してくれるもの、さらにはスマホと連動して起こしてくれるものなど、最近ではさまざまなタイプの商品が販売されています。あなたが気持ちよく起きられるのは、どのタイプでしょうか。アンケート結果を踏まえ、目覚まし時計の選び方とタイプ別のおすすめ商品をご紹介していきます。

なお、時計としての機能はないもののアラーム機能のついたウェアラブル端末などのユニークな目覚ましガジェットも、あわせて紹介しています。

Q1.朝、起きるときに目覚まし時計は使っていますか
 ※回答数:502名

使っている:61.6%
使っていない:38.4%

目覚まし時計を使っていると回答した方は、502名中61.6%にあたる309名でした。この方たちに詳しく聞いていきます。

目覚まし時計の選び方

目覚まし時計はどのように選べばよいのでしょうか。機能や性能はさておき、「予定時間に起きられること」が大前提になりますよね。実際に、日頃どのような目覚まし時計を使っているのか聞いてみました。

Q2.どのような目覚まし時計を使っていますか【複数回答】
 ※Q1で目覚まし時計を使っていると回答した方:309名

携帯・スマートフォン:67.0%
電子音が鳴る目覚まし時計:45.0%
ベルが鳴る目覚まし時計:23.9%
振動&刺激タイプの目覚まし時計:5.5%
その他:1.0%

1番多いのは携帯やスマホの利用。目覚まし時計を併用している方も多いようです。

タイプで選ぶ

肝心の「起きられるかどうか」についても聞いてみました。

Q3.目覚まし時計でスムーズに起きることができますか
 ※Q1で目覚まし時計を使っていると回答した方:309名

すぐ起きる:33.7%
大体起きることができる:54.0%
あまり起きることができない:9.7%
ほとんど起きることができない:2.6%

アンケートの結果、10%ほどの方は「起きることができない」との回答。これではせっかくの目覚まし時計も意味をなしません。また「大体起きることができる」と回答した方の中にも「たまに起きられないときがある」との声が……。このような場合は目覚まし時計そのものを見直す必要があるかもしれませんね。

絶対起きられる? 強力な大音量タイプ

ウィベルタ『目覚まし時計』

(出典:Amazon)


大音量のアナログ時計ウィベルタ『目覚まし時計』Amazon価格税込1,080円(2018年8月24日現在)

そこでまずおすすめなのが、王道とも言える、大音量で時間を知らせてくれるタイプ。最初から爆音でアラームが鳴るものもあれば、スヌーズ機能つきで一定の操作をしない限り徐々に音が大きくなっていくものもあります。

「とにかく指定時間に絶対に起きたい」という強硬派に人気のタイプですが、「使っていくうちに音に慣れてしまった」という意見も。長期間使用し続けると効果が薄れる可能性は覚悟しておいたほうがよさそうです。

体内時計をリセットする光タイプ

起こしてくれるアイマスク。サウンドオアシス『illumy』

(出典:Amazon)


起こしてくれるアイマスク『illumy』は入眠時に日没時の光、気象時には日の出をシミュレートした光の点滅により、快眠とさわやかな目覚めに導いてくれる。サウンドオアシス『illumy』Amazon価格税込15,200円(2018年8月28日現在)

音で起こされるのは苦手という方におすすめなのが、体内時計リセットタイプ。「朝日を浴びると体内時計が整う」という話は、聞いたことがある方もいるのでは? その原理を利用し、指定時間になると光を発して起こしてくれます。

「光で本当に起きられるの?」と思われるかもしれませんが、実際に使用している方からは「音のする目覚まし時計では起きられなかったけれど、光タイプの目覚まし時計なら起きられた」という声がありました。意外に光のパワーは大きいようです。

家族を起こさない振動タイプ

『強力振動目覚まし腕時計Wake V』

(出典:Amazon)


腕につけられる振動タイプ。『強力振動目覚まし腕時計Wake V』Amazon価格税込11,799円(2018年8月24日現在)

「音が鳴るものだと起床時間が違う家族まで起こしてしまう」と心配な方は、こちらの振動タイプを試してみましょう。腕時計のようにつけるものや、枕の下に置いて使用するものなどが販売されています。

体がしびれるほどの強い振動があれば、すんなり起きられそうですね。ただ、「起きるまでに酔ってしまった」という方もいたので、その点は要注意です。

気持ちよい目覚めを実現する睡眠計測タイプ

オムロン『ねむり時間計 HSL-003T-G』

(出典:Amazon)


眠りを管理してくれるオムロン『ねむり時間計 HSL-003T-G』Amazon価格税込1,940円(2018年8月24日現在)

浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠、この2つを感知しレム睡眠時に起こしてくれるのが睡眠計測タイプ。体への負担も少なく、気持ちよく目覚めることができるでしょう。中には睡眠の質を計測してグラフにしてくれるアプリと連動するものもあります。

ただし、「ぴったりと決まった時間に起きられるわけではない」というのが大きなネックです。起床予定時間前の、レム睡眠になったときに起こしてくれるものですので、その日によって起床時間が変動してしまいます。

スマホと接続できるスマート目覚まし時計

シンシア『スマートクロック』

(出典:Amazon)


スマートフォンと連動するシンシア『スマートクロック』Amazon価格税込2,980円(2018年8月24日現在)

スマホと接続して使える目覚まし時計も増えてきました。アラーム音をスマホにダウンロードした曲に設定することもできます。他にも、携帯アラームの3倍のボリュームで鳴るもの、マナーモードの何倍もの振動をするもの、睡眠の質をグラフ化できるものなどもあります。

デジタルかアナログか

機能も大切ですが、時間を見ることも考えるなら、時計盤にも気を配りたいところです。デジタル時計の多くは数字で時間を見ることができますが、AM・PM表示のあるもの、24時間表示でAM・PMの表示はないもの等、自分が見やすい表示方法が可能かどうかはチェックしたいですね。

アナログ時計のほうが「インテリアとしてカワイイ」という女性も多いようです。見た目やデザイン性なども含め、お気に入りの文字盤を見つけましょう。

使用場所や目的で選ぶ

自宅で使うなら効果・機能重視

自宅に置いて自分で使用するのであれば、音が大きいものや複雑な手数を踏まなければ止められないものなど、効果重視で選ぶとよいでしょう。中には音を鳴らしながら動きまわるというユニークなものもあるので、自分好みの機能を探して見るのもよいかと思います。記事の後半では、機能別に目覚まし時計をおすすめしているので、ぜひチェックしてみてください。

旅行で使うなら軽量小型タイプ

持ち歩くことを考慮すると、本体が薄いものや軽量のものがよいでしょう。少々目覚まし機能は劣りますが、100円ショップでも目覚まし時計は売られています。特に旅行だけのために買う場合は、性能よりも持ち運びやすさや、壊れてもよいようコスパを重視するのがおすすめです。

プレゼントならおしゃれなタイプ

Zinmond『目覚まし時計』

(出典:Amazon)


インテリアとしても使うことができるZinmond『目覚まし時計』Amazon価格税込1,880円(2018年8月24日現在)

目覚まし時計を贈るのであれば、見た目がおしゃれなものがよいでしょう。文字盤を写真にすることができるものや、インテリアとして飾っておくだけでも可愛いキャラクターものなど、見た目にインパクトがあるものがおすすめです。


メーカーで選ぶ

目覚まし時計を販売しているメーカーは数多く存在しますが、時計メーカーとして高い信頼を誇る代表的なメーカー、ブランドを紹介しましょう。

音量調整・持ち歩きに便利なセイコー

セイコークロック『NR445W』

(出典:Amazon)


さまざまなメロディを選択できるセイコークロック『NR445W』Amazon価格税込2,660円(2018年8月24日現在)

明治創業の老舗で高級腕時計などでブランド力も高いのが、セイコー。目覚まし時計でも高級路線かと思いきやそんなこともなく、手頃な価格設定でありながら、使い勝手重視で作られたものが、セイコーブランドにラインナップしています。大音量で鳴るものはもちろん、持ち手がついているもの、夜でも見える蛍光文字盤のものなど、目的に合わせて機能も選べます。

コスパに優れたシンプルなデザインのシチズン

シチズン『8RZ153-003』

(出典:Amazon)


シンプルなデジタル表示でわかりやすいリズム時計工業『シチズン8RZ153-003』Amazon価格税込1,845円(2018年8月24日現在)

大正時代に創業したシチズンも日本から世界に羽ばたくブランド。「市民に親しまれるよう」との思いからつけられた社名、ブランド名が示すように、手に取りやすいコストパフォーマンスに優れた商品を多くそろえています。シチズンと言うと、腕時計のイメージが強いかもしれませんが、目覚まし時計は落ち着きのあるシンプルなデザインのものを中心にラインナップ。振動タイプや録音タイプなどの新しい目覚まし時計も販売しています。なお、シチズンブランドの目覚まし時計を製造しているのは、関連メーカーであるリズム時計工業です。

独自のものづくりが時計に生きるカシオ

カシオ『デジタル生活環境お知らせ電波目覚まし時計』

(出典:Amazon)


温度や湿度を測ることができるできるカシオ『DQL-250J-7JF』Amazon価格税込1,512円(2018年8月24日現在)

デジカメ、電子辞書などと並んで、時計のメーカーとしても信頼を誇るのがカシオです。どんな環境でも壊れない時計を、という想いから生まれたG-SYOCKなどの腕時計でも有名ですが、目覚まし時計にも多くの機能を持つものを販売しています。温度計や湿度計がついているもの、電波時計として決して時間がズレないものなど、目覚まし時計としての基本的な機能で選ぶなら間違いありません。

機能で選ぶ! おすすめ目覚まし時計30選

それでは、アンケート結果を踏まえながら、朝に弱い方でも起きられる、おすすめの目覚まし時計を、次の6つの機能別に紹介します。

・スヌーズ機能(アラームを止めても、しばらくすると再びアラームが鳴る機能)
・鳴動音
・振動機能
・止めにくさ
・刺激機能
・音声録音

ぜひお気に入りの一品を見つけてみてください。

【スヌーズ機能】で選ぶ目覚まし時計6選

セイコークロック『SQ772G』

  • (出典:Amazon)


    セイコークロック『SQ772G』

折りたたみもできて多機能

わずか90gと軽量ながらも、スヌーズ機能やカレンダー機能、自動点灯機能までついているのがこちらの商品。電波時計を採用していますので、電波の届く場所に置いておく限り時間がズレることもありません。折り畳み式としてコンパクトにすることができますので、旅行に持っていくこともできるでしょう。

商品名 セイコークロック『SQ772G』
タイプ デジタル電波
電源 単4電池×2
Amazon価格 税込1,727円(2018年8月20日現在)

リズム時計工業『シチズン8RZ109-019』

  • リズム時計工業『シチズン8RZ109-019』

    (出典:Amazon)


    リズム時計工業『シチズン8RZ109-019』

その瞬間の時間をコールしてくれる

目覚ましのアラームが鳴ると、音と共に「午前(午後)〇時〇分です」とその瞬間の時間を音声で教えてくれる機能がある目覚まし時計です。これがあればスヌーズ機能に甘えることなく、すぐに目覚めることができそうですね。こちらも電波時計ですので、時間を自動修正してくれますよ。

商品名 リズム時計工業『シチズン8RZ109-019』
タイプ デジタル電波
電源 単4電池×2
Amazon価格 税込2,130円(2018年8月20日現在)

Antro『デジタル目覚まし時計』

  • Antro『デジタル目覚まし時計』

    (出典:Amazon)


    Antro『デジタル目覚まし時計』

1つの時計に5つの機能

時間表示、アラーム、スヌーズ、ライト、温度表示と1台で5役もの機能を持つ多機能目覚まし時計です。5分ごとに鳴るスヌーズ機能があれば、1度止めてしまっても寝過ごす心配はありません。またセンサー感知による自動点灯機能はスイッチでカンタンに切り替えることができますので、眠る際に明るい時計表示を苦手とする方にもおすすめです。

商品名 Antro『デジタル目覚まし時計』
タイプ デジタル
電源 単4電池×3
Amazon価格 税込1,098円(2018年8月20日現在)

リズム時計工業『シチズン8RZ166SR03』

  • リズム時計工業『シチズン8RZ166SR03』

    (出典:Amazon)


    リズム時計工業『シチズン8RZ166SR03』

触り心地のよいマットな質感

小さなボディに見やすい大文字表示のデジタル時計です。触り心地にも気を配られた、さらさらとしたマットな質感が特徴のこちらは、六曜表示や温湿度計機能も兼ね備えています。鳴り方が変化するアラーム機能に、スヌーズ機能も搭載されています。

商品名 リズム時計工業『シチズン8RZ166SR03』
タイプ デジタル
電源 単3電池×2
Amazon価格 税込1,001円(2018年8月20日現在)

セイコークロック『SQ698L』

  • セイコークロック『SQ698S』

    (出典:Amazon)


    セイコークロック『SQ698L』

電子音のリズムが早くなる「ダンダントーンアラーム」搭載

「ダンダントーンアラーム」という徐々に電子音のリズムが早くなる機能がついているロングセラー目覚まし時計です。スヌーズ機能は5分ごとに鳴るよう設定されており、スヌーズをオフにしない限り繰り返し鳴ります。カレンダー、温度、湿度も見やすく表示。これ1台で役立つ相棒です。

商品名 セイコークロック『SQ698L』
タイプ デジタル電波
電源 単3電池×2
Amazon価格 税込2,460円(2018年8月20日現在)

カシオ『TQ-750J-7JF』

  • カシオ『TQ-750J-7JF』

    (出典:Amazon)


    カシオ『TQ-750J-7JF』

カチコチ音のストレスフリーなアナログ時計

スヌーズ機能でご紹介する商品の中では、唯一アナログ時計なのがこちら。スヌーズ機能をオンにすると秒針の音が止まりますので、眠っているときにカチコチ音に悩まされることもありません。また幅、高さともに7cm程度と非常にコンパクトですので、お好きなところに置くことができるでしょう。

商品名 カシオ『TQ-750J-7JF』
タイプ アナログ
電源 単3電池×1
Amazon価格 税込1,072円(2018年8月20日現在)

【鳴動音】で選ぶ目覚まし時計5選

Acetek『目覚まし時計』

  • Acetek『目覚まし時計』

    (出典:Amazon)


    Acetek『目覚まし時計』

カワイイ木目デザインの音感センサーつき時計

木目のおしゃれな、カワイイ見た目の目覚まし時計です。この商品の面白いところは、音感センサーがついていること。60dbほどの音で時計表示の明るさを変えることができるので、わざわざ手を伸ばして時間を確認する必要もありません。もちろんアラーム音も大音量となっていますので、朝が弱い方にもおすすめです。

商品名 Acetek『目覚まし時計』
タイプ デジタル
電源 USB(限定的に単3電池にも対応)
Amazon価格 税込1,900円(2018年8月20日現在)

セイコークロック『NR438K』

  • セイコークロック『NR438K』"

    (出典:Amazon)


    セイコークロック『NR438K』

3段階に調節できるベル音「スーパーライデン」

ラグビーボールのような丸みのあるデザインと「スーパーライデン」と呼ばれる大音量のベル音が特徴の目覚まし時計。2つのベルから出る音は3段階調整することができ、1番小さな設定でも「階下にいてもはっきり聞こえる」というほど強力です。

商品名 セイコークロック『NR438K』
タイプ アナログ
電源 単3電池×3
Amazon価格 税込3,603円(2018年8月20日現在)

リズム時計工業『シチズン ツインベルRA06 8RAA06-063』

  • リズム時計工業『シチズン ツインベルRA06 8RAA06-063』

    (出典:Amazon)


    リズム時計工業『シチズン ツインベルRA06 8RAA06-063』

オールドファッションなルックスのベルが鳴る時計

古きよき時代を思い出すようなノスタルジックな形が特徴の目覚まし時計です。上部に取り付けられた2つのベルを、ハンマーが左右に揺れることで叩いて音が出ます。また秒針がなめらかに動きますので、カチコチ音も気になりません。インテリアとして飾ることもできるおしゃれな時計です。

商品名 リズム時計工業『シチズン ツインベルRA06 8RAA06-063』
タイプ アナログ
電源 単3電池×1
Amazon価格 税込2,827円(2018年8月20日現在)

セイコークロック『NR532W』

  • セイコークロック『NR532W』

    (出典:Amazon)


    セイコークロック『NR532W』

スピーカーから大音量の電子音

本体の左側に取り付けられたスピーカーから、大音量の電子音が鳴り響く目覚まし時計です。自宅で使うのはもちろん、旅行にも持っていけるコンパクトなボディで、どこでも愛用することができます。また5分ごとに鳴るスヌーズ機能もついていますので、寝過ごす心配もありません。

商品名 セイコークロック『NR532W』
タイプ デジタル電波
電源 単3電池×2
Amazon価格 税込1,031円(2018年8月20日現在)

リズム時計工業『シチズン8RA636-002』

  • リズム時計工業『シチズン8RA636-002』

    (出典:Amazon)


    リズム時計工業『シチズン8RA636-002』

非常ベルレベル!? 大音量の時計

朝の目覚ましを強力にサポートしてくれる、大きなベル音が特徴の目覚まし時計です。音は大小2段階で設定することができますが、大はまるで非常ベルのような大きさ。「どんなに疲れているときでもこの音で起きられなかった日はない」と言われるほどのこの目覚まし時計があれば、朝に弱い方でも起きることができそうです。

商品名 リズム時計工業『シチズン8RA636-002』
タイプ アナログ
電源 単3電池×2
Amazon価格 税込1,845円(2018年8月20日現在)

【振動機能】で選ぶ目覚まし時計6選

TXL『振動式目覚まし時計』

  • TXL『振動式目覚まし時計』

    (出典:Amazon)


    TXL『振動式目覚まし時計』

持ち運べる見た目のカワイイ時計

キッチンタイマーとしても使えるこちらの商品は、ストラップ用の穴も開いているため持ち運びにも便利な目覚まし時計です。アラームは5つまで設定することができますし、1度設定した時間は記憶してくれるため、毎晩設定する必要もありません。

商品名 TXL『振動式目覚まし時計』
タイプ デジタル
電源 乾電池×2
Amazon価格 税込2,250円(2018年8月20日現在)

CIMA-Tech.『振動式目覚まし時計 シェイクンウェイク』

  • CIMA-Tech.『振動式目覚まし時計 シェイクンウェイク』

    (出典:Amazon)


    CIMA-Tech.『振動式目覚まし時計 シェイクンウェイク』

腕につける小型の振動タイプ

腕時計のように手首に装着するタイプの目覚まし時計です。バイブモードとサウンドモードが選べるので、使用状況に合わせて使い分けることができます。また5分後に再度振動するスヌーズ機能もついていますので、寝過ごす心配もありません。

商品名 CIMA-Tech.『振動式目覚まし時計 シェイクンウェイク』
タイプ デジタル
電源 単4電池×1
Amazon価格 税込3,990円(2018年8月20日現在)

SonicAleart『ソニックボムSBB500ss』

  • SonicAleart『ソニックボムSBB500ss』

    (出典:Amazon)


    SonicAleart『ソニックボムSBB500ss』

アメリカ生まれの強烈な振動

「振動だけで起きられる自信がない」……そんな方に試していただきたいのが、こちらの商品。「寝坊防止率120%」を謳うほど強烈な振動力を持っており、利用者のなかには「これで起きられない人はまずいない」とまでいう人も。アメリカ生まれの力をぜひ試してみてください。

商品名 SonicAleart『ソニックボムSBB500ss』
タイプ デジタル
電源 ACアダプター
Amazon価格 税込4,980円(2018年8月20日現在)

アデッソ『MY-96』

  • アデッソ『MY-96』

    (出典:Amazon)


    アデッソ『MY-96』

大音量で鳴るデジタル時計とシェイカーがセットに

こちらの商品は、大音量を奏でるデジタル時計と、枕の下に忍び込ませる円盤型振動シェイカーの2つがセットに。片方ずつ使用も可能ですが、振動と音量のダブル使用もできますので、予定時間に起きられるか不安な方でも安心して使えます。

商品名 アデッソ『MY-96』
タイプ デジタル
電源 ACアダプター、単4電池×3
Amazon価格 税込4,278円(2018年8月20日現在)

リズム時計工業『シチズン8RZ159-003』

  • リズム時計工業『シチズン8RZ159-003』

    (出典:Amazon)


    リズム時計工業『シチズン8RZ159-003』

薄さ1.4cm、温湿度計としても使える多機能時計

バイブレーションアラームとして本体をそのまま枕の下に入れて使うこともできますし、4段階ある電子音と併用して使うこともできる便利な目覚まし時計です。薄さがわずか1.4cmしかありませんので、本体をそのまま枕の下に入れても不快感はありません。カレンダー機能に加え温度、湿度も知ることができる多機能目覚まし時計です。

商品名 リズム時計工業『シチズン8RZ159-003』
タイプ デジタル
電源 単4電池×2
参考価格 税込3,003円

GanRiver『スマートブレスレット』

  • GanRiver『スマートブレスレット』

    (出典:Amazon)


    GanRiver『スマートブレスレット』

お手ごろ価格のウェアラブルガジェットをアラームに

心拍数や歩数もはかれるし、音楽を再生したりSMSの通知を受けたりもできると注目のスマートウォッチ。高価格帯のものも多い中、セール時のお手ごろ価格で売れているのがこちら。スマホならどこかへ転がっていってしまいますが、ウォッチ型なら身に着けて寝れば振動に気付かず寝坊してしまうことも減らせそう。睡眠計として利用し、アプリと連携することも可能です。

商品名 GanRiver『スマートブレスレット』
タイプ デジタル
電源 リチウムポリマー電池
Amazon価格 税込3,050円(2018年8月28日現在)

【止めにくさ】で選ぶ目覚まし時計3選

Nanda Home『ナンダクロッキークロム』

  • Nanda Home『ナンダクロッキークロム』

    (出典:Amazon)


    Nanda Home『ナンダクロッキークロム』

音を鳴らして走り回るカワイイ時計

少々お値段は張りますが、止めにくさではこの目覚まし時計が有名です。大きなアラーム音と共に、部屋中を走り回るユニークな目覚まし時計です。寝起き早々鬼ごっこせねばなりませんが、ベッドから立ち上がらる必要がある分、二度寝の心配はなさそうです。

商品名 Nanda Home『ナンダクロッキークロム』
タイプ デジタル
電源 単4電池×4
Amazon価格 税込7,560円(2018年8月20日現在)

サンコー『目覚ましマット ニドネンmini』

  • サンコー『目覚ましマット ニドネンmini』

    (出典:Amazon)


    サンコー『目覚ましマット ニドネンmini』

両足で踏んで止めるマット型目覚まし時計

枕に顔を押しつけたまま手を伸ばし……ては止められないのがこちらのマット型目覚まし時計。布団から出て起き上がり、両足で踏み続けることで、ようやくアラームを止めることができます。起き上がる→踏む、のコンボを習慣づけることで、二度寝撃退、目覚めもすっきり! 低反発スポンジを包むベルベッド生地は踏み心地もよく、朝が楽しくなりますよ。

商品名 サンコー『目覚ましマット ニドネンmini』
タイプ デジタル
電源 単4電池×3
Amazon価格 税込7,560円(2018年8月20日現在)

cerevo『cloudiss CDP-CL01A』

  • cerevo『cloudiss CDP-CL01A』

    (出典:Amazon)


    cerevo『cloudiss CDP-CL01A』

シェイクして止める! スマホ連携次世代アラーム装置

不思議な形状のこちらは、スマートフォンで設定した時間に大音量で起こしてくれるアラーム装置。音を止めるために本体を縦に何度もシェイクする仕組みなので、無意識にアラームを止めて二度寝してしまうという人におすすめ。アルミ製のコンパクトボディに革製のストラップというスマートな外観。1度の充電で20日以上利用できるため、旅行にも持っていけます。スマホに登録したスケジュールを読み上げてくれる機能も便利。

商品名 cerevo『cloudiss CDP-CL01A』
タイプ (時計ではない)
電源 USB充電
Amazon価格 税込13,824円(2018年8月27日現在)

【刺激機能】で選ぶ目覚まし時計3選

YABAE『Wake Up Light』

  • YABAE『Wake Up Light』

    (出典:Amazon)


    YABAE『Wake Up Light』

光と音、2つの刺激で起こす時計

ベッドサイドランプとしても使えるこちらの商品は、光と音の2つで刺激してくれる目覚まし時計です。起床予定時刻の30分前から徐々に光が強くなり、予定時間になればアラーム音と共に最大光量で光ります。また森の鳥の声や海のさざめきなどのBGMも搭載されていますので、気持ちよく目覚めることができそうです。

商品名 YABAE『Wake Up Light』
タイプ デジタル
電源 USB駆動リチウム電池(内蔵)
Amazon価格 税込3,985円(2018年8月20日現在)

フィリップス『HF3510/60』

  • フィリップス『HF3510/60』

    (出典:Amazon)


    フィリップス『HF3510/60』

太陽光に近い自然な光ですっきり

冬季うつの治療にも効果があると光療法にも使われるくらい、自然の太陽光に近い光で目覚めさせてくれるのがこちらの商品。カッコウの鳴き声など3種類のアラーム音と共に最大300ルクスもの明るさで照らされれば、すっきり目覚めることができるでしょう。

商品名 フィリップス『HF3510/60』
タイプ デジタル
電源 ACアダプター
Amazon価格 税込12,600円(2018年8月20日現在)

Pavlok『Pavlok Shock Clock』

  • Pavlok『Pavlok Shock Clock』

    (出典:Amazon)


    Pavlok『Pavlok Shock Clock』

起きないと電流がビリビリ!

腕時計型のこちらは目覚まし時計、ではありませんが、寝起きが悪い人でも飛び起きること間違いなし。アラーム音と振動で起きないと、体に電流が流れる仕組みです。びっくりするし、電流を強くすると実際に痛いし、必ずしも快適な目覚めを約束してくれるとは言えませんが、その強制力に、世界中で「パブロビアン」といわれる愛用者を生んでいるとのこと。「パブロフの犬」のように、朝になったら飛び起きる条件付けを脳に刻み込みたい方に。

商品名 Pavlok『Pavlok Shock Clock』
タイプ デジタル
電源 充電式
Amazon価格 税込25,800円(2018年8月28日現在)

【音声録音】で選ぶ目覚まし時計3選

セイコークロック『EF506C』

  • セイコークロック『EF506C』

    (出典:Amazon)


    セイコークロック『EF506C』

音声3種類録音可能

20秒を2種類と60秒を1種類、合計3種類の音声を録音し使い分けることができる目覚まし時計です。家族や好きなアーティストの声を録音するという人が多い中、「自分の声で起こされると違和感からすぐ目覚める」という意見もありましたので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

商品名 セイコークロック『EF506C』
タイプ アナログ
電源 単3電池×4
Amazon価格 税込3,417円(2018年8月20日現在)

リズム時計工業『シチズン4SE521-004』

  • リズム時計工業『シチズン4SE521-004』

    (出典:Amazon)


    リズム時計工業『シチズン4SE521-004』

クリアな音声を録音可能

40秒と14秒、2種類の音声を録音できる目覚まし時計です。録音は直接マイクに向かって吹き込むこともできますし、別売りのオーディオケーブルを入力端子に通してクリアな音声を収めることも可能。アラームは電子音で使用することもできるので、旅行先などでも安心して使うことができるでしょう。

商品名 シチズン『4SE521-004』
タイプ アナログ
電源 単3電池×4
Amazon価格 税込4,526円(2018年8月20日現在)

アデッソ『フォトフレームクロック K-886』

  • アデッソ『フォトフレームクロック K-886』

    (出典:Amazon)


    アデッソ『フォトフレームクロック K-886』

音も見た目も自由にアレンジ可能

フォトフレームですので好きな写真を入れることができ、また録音した音声をアラーム音に設定することができます。毎日見るもの、聞く音だから、オリジナルのアレンジをしたいという人におすすめ。スヌーズ機能もついており、目覚まし時計としても不足なし。

商品名 アデッソ『フォトフレームクロック K-886』
タイプ デジタル
電源 単4電池×2
Amazon価格 税込1,979円(2018年8月27日現在)

目覚まし時計を選ぶポイント(アンケート結果より)

ここまでご紹介してきた商品は、以下のアンケート結果をふまえたものでした。309名の方々は目覚まし時計を選ぶ際、どのような機能を重視していたのでしょうか。

Q4.目覚まし時計を選ぶ際に重要なポイントを教えてください【複数回答可】
 ※Q1で目覚まし時計を使っていると回答した方:309名

スヌーズ機能:56.3%
鳴動音:33.7%
大音量:29.8%
振動機能:16.2%
止めるのが難しい機能:11.0%
刺激機能:8.1%
その他:6.1%
録音した音での鳴動機能:4.5%

半数以上の方がスヌーズ機能を希望していることからも、やはり1度ではなかなか起きられない方が多いようです。ちなみに気になる「その他」ですが、こんな声がありました。

【コメント(アンケート回答より)】
・操作のしやすさ
・曲設定ができるタイプ
・高音トーン

確かに曲の設定ができるタイプであれば、1番の大敵「慣れ」にも対応することができそうですね。

こうすればきっと起きられるハズ! 夢見る目覚まし時計

現実的なようなそうでないような……。「もしこんな目覚まし時計があったらいいな」という理想の機能はありますか? アンケートではこんな質問もしてみました。

Q5.どのような方法であれば目を覚ますことができると思いますか【任意】
 ※Q1で目覚まし時計を使っていると回答した方:309名

【コメント(アンケート回答より)】
・顔に優しい風が降りかかる機能とか、いい匂いが出る目覚まし機能
・ベッドのリクライニングがあがる
・布団が膨らむ機能

個人的には「いい匂い」で起きられる自信はありませんが、ベッドのリクライニング機能は実際に駅員さん用として使用されている例があるそうです。ぜひ一般販売してほしいですね。他にも「寝顔を冷たい氷で冷やす」という強硬派の意見もあり、何が何でも起こしてほしいという意思が感じられました。

まとめ

少し前までは「予定時刻に鳴るだけ」という単機能な目覚まし時計がほとんどでしたが、最近ではさまざまな機能が搭載された目覚まし時計が販売されるようになりました。光や振動など「気持ちよく目覚める」ことを重視する商品も増えてきているようですね。

しかし今回のアンケート結果では、スヌーズ機能や大音量など「絶対に起きられる機能」を望む声のほうが多く見受けられました。目覚まし時計の本質的な目的と言える「絶対起こしてくれること」を求める方は、まだまだ多いようです。

今回ご紹介した商品のなかに気になる商品は見つかりましたか? ぜひ今回の情報を参考にして、自分にぴったりの目覚まし時計を見つけてみてくださいね。(おすすめナビ!編集部)

◆アンケート情報
調査時期:2018年6月23日
調査対象:マイナビニュース会員
調査数:男性365名/女性137名
調査方法:インターネットログイン式アンケート