松本市立博物館【長野県】

松本城の敷地内にある松本市立博物館は、長野県松本市の民芸品や伝統文化にまつわる資料がたくさん収蔵されています。この博物館に立ち寄ったあとに松本の町を歩くと、松本の歴史や今も残る伝統行事などを一層身近に感じることができます。松本城の入場券で入館できますので、気軽に立ち寄ってみてください。

松本市の歴史があふれる博物館! 長野県民と話が盛り上がること間違いなし!


「松本市立博物館」を見学すると、松本市の原始時代から現代までの様々な資料に触れることができるとともに、松本とその周辺地域の伝統工芸についての知識が一気に深まります。長野の方は愛県心の強い人が多いので、ビジネスの雑談などで地元の話をふると、一気に親近感をもってくれるかもしれません。また、博物館を見てから松本を散策すると、今も松本市に根付く伝統を見つけやすくなります。たとえば夏に商店街や家の玄関に飾られる七夕人形は、松本独自のもので今は飾っている家も少ないのですが、博物館で現物を見ておけば町の中でも発見しやすく観光が一層楽しいものとなります。