大橋ちっぽけ、繊細な音楽に隠された「ギャグマンガ好き」のギャップ

アーティストの世界観を構成する「本と音楽」の関係にフォーカスするこのコーナー。今回登場するのは、シンガーソングライターの大橋ちっぽけ。昨年12月、テレビ東京系で放送された番組『エンタX」内のオーディション企画に登場し優勝、2018年3月のグランドチャンピオン大会でも見事優勝を果たした若き逸材だ。6月6日にリリースされた初の全国流通盤『僕と青』でも、透明感をたたえたサウンドと歌唱で聴く者を魅了する。そんな彼が大好きだというマンガについて、実体験を交えながらいろいろと語ってくれた。

※この記事は6月25日発売の『Rolling Stone JAPAN vol.03』に掲載されたものです。

ー最初に読んだのはどの作品ですか?

大橋 『こち亀』は、物心ついた頃から父のマンガが家にたくさんありました。それをなんとなく読んで、面白いなと思って。 あと僕が風邪をひいたときに、親がよくアニメのDVDを借りてきてくれたんですよ。それがきっかけで、『ボーボボ』『ジャガー』を読むようになって。ワケわからないけど面白いなと(笑)。 最初にハマったのは『遊☆戯☆王』です。幼稚園のとき、アニメを観てカッコいいなと思って。マンガを読むようになってからは『遊☆戯☆王』を題材に、オリジナルのマンガを描いて弟と見せあったり。とはいえ、ストーリーものよりもギャグマンガが好きだった。本当は面白いことをむっちゃ言いたいし、そういうところがあるタイプの人間だって言いたいんですけど(笑)。

ーこの中で一番思い入れが深いマンガは?

大橋 うーん……やっぱり『バクマン。』。誰でもデカい夢を持っていいんだって、そういう意味で一番印象深いマンガです。主人公と境遇は違うけど、頑張れば叶うものかもしれないなと思ったし、いま音楽をやっていて、まだまだ新人中の新人なんですけど、事務所とかレーベルさんとのやり取りも、もしかしたら『バクマン。』の中のやり取りに通じるものがあるのかなとか。

もともとはマンガ家になりたくて、『バクマン。』を読んでさらに、こういうの描きたいって思うようになってました。小中学生の頃に画材もいっぱい買って練習してたんですけど、結局気づいたらギター始めてた(笑)。

ー最近読んだものは?

大橋 ちょっと前に読んだ『富士山さんは思春期』です。甘酸っぱいですよね。中学生の頃に恋愛していたらこんな感じだったのかなって。

ーマンガだけじゃなく、星野源『そして生活はつづく』も挙げてますよね。

大橋 1年前から一人暮らしを始めて、親がお米とかを送ってくれた中にこれが入ってて。たぶん、母は僕に星野源さんになってほしいんだと思う(笑)。タメになるわよとか言ってたし、ドラマの『逃げ恥』もめっちゃ観てたからだと思うんですけど(笑)。じゃあゆっくり読むかと思って。星野源さんの曲、皆さんも知ってるような曲はきれいな曲や美しい曲が多いと思うんですけど、本の内容はわりとくだらないことを自由に書いてたりして、こういうのを出せるっていいなって。

ー大橋さんの繊細な印象からすると「ギャグ好き」っていうのはギャップがありますね。

大橋 昔から自分をさらけ出すのが怖くて。実は今も怖いんです(笑)。本当に、小さいときに好きだったのは、『ジャガー』とか『SKET DANCE』とか。今でも自分の中にはそのノリがあるんですけど、いい加減大人にならないといけないのかなって。たぶん、テンション高い姿って家族も知らないと思う(笑)。本当に限られた友達となんですけど、すっごいくだらないことを言うんですよ。……これ話すのめっちゃ恥ずかしいな(笑)。例えば、悲しいの「しい」を英語にして……「悲A」「悲B」、あえてCを飛ばして「悲D」って言うみたいな、そういうのがめっちゃ好きで(笑)。その感覚って、やっぱりこういうマンガからの影響ですね。


ーミニアルバム『僕と青』にまつわるエピソードは?

大橋 「オレガノ」って曲があるんですけど……。受験期にボロボロになったとき、もうむちゃくちゃだ!と思ってパジャマで、勉強道具をほっぽり出して、なんとなくギターを持ってベッドでグデーッとしていたとき、最低だなと思ってできた曲なんです。曲を作るぞって言ってギターを持って書くとなかなかできなくて、普通に生活してて、ふと物思いに耽ったとき、根底にある思考とかマイナスな感情とか、そういう部分から言葉やメロディが出てきたときに、いい曲ができると思う。

この間も、名古屋でライブがあった帰りに夜中、事務所の人たちとクルマで移動して、クタクタになって助手席座ってたら、「あれ? なんで俺、名古屋に歌いに行ってたんだろう」って。ちょっと前までネットに自分の歌をアップするのが好きな、しかもその前はマンガ家になりたいだけの少年だったのに、なんでこんなことなってるんだろうって、なんか変な、不安な気持ちになりながら何時間も乗っていて。

そういうときに自分がゲシュタルト崩壊するというか。やらなきゃいけないこととかやりたいことが目の前にあるんですけど、ちょっと数日何もないとき、「あれ!? 俺、両国国技館で歌ったんだよな? テレビ出てたんだよな?」って突然思い出すとワケわからなくなる。

明るい曲も書きたいんですけど、今の気持ちを書いてたら自然と暗くなるっていうか。友達少ない割に、ひとりで大丈夫だからひとりでいるタイプでもなくて、みんなといたいのに一人になっちゃうみたいなタイプの人間。寂しいとかつらいって気持ちがずっとあって(笑)。暗い歌詞ばっかり書いてますね。恋したてのときくらいじゃないと明るい曲が書けない。



ーそれはなかなか難儀ですね。

大橋 恋愛が始まって中盤ぐらいになると、その先の別れの悲しみとか勝手に思って。

ー(笑)。

大橋 きっと本当は何でもない言葉だったり、何気なく言われたことだったり、軽い感じで自分の耳を通り過ぎた言葉も、あらためて拾ってじっくり考えて書く感じなのかも。 ”音楽を作る自分”が音楽を作ってる感じになっちゃってる。すごくつらいんですよ、曲を書くときとか。つらくなるんです。そういう自分ばかりと向き合っちゃう。ギターを弾くと友達との別れとか、恋人との何とも言えないさよならをしたときとか、そういうことばかり考えちゃって。楽しいことが好きな自分とあんまり向き合えてないっていうか。だけどやっぱり自分なりに書いたり、自分なりに作ったりするのが好きで。それが原動力になってるんじゃないかなって思います。

ー今後はどんな音楽をやりたいですか?

大橋 ゆくゆくはハンドマイクでステージを動き回って「うへへ!」ってやりつつ、でもめっちゃカッコいいみたいな、そういうのには憧れがあります。ギャグマンガみたいにめっちゃ面白くてくだらないことを歌にしたい。今は自分の本心を歌っているつもりではあるんですけど、なんかまだ開けられてない扉がある気がするので。



『僕と青』 大橋ちっぽけ
respond 発売中

大橋ちっぽけ
1998年生まれ。愛媛県松山市出身。UKロックなどに影響を受け、ネットの動画サイトに歌唱投稿を開始。高校3年生のときに「未確認フェスティバル2016」に応募し、セミファイナリストに残り、「BURNOUT SYNDROMES」と心斎橋JANUSにて共演。その後、「Shout it Out」のフロントアクトを務める。高校生離れしたメロディセンス、エバーグリーンで、心にすっと溶け込む歌声が大きな話題を呼ぶ。2017年4月より上京。両国国技館で3月10日に開催された「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE~YOUNG BLOOD~」でオープニングアクトとして異例の抜擢をされ、1万1000人のオーディエンスがその歌声に心を奪われた。

撮影協力:マンガサロン「トリガー」
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-15-2 コンパルビル4F
http://mangasalon.com/