短編アニメ「ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―」のメーンビジュアル

 2017年公開の劇場版アニメ「メアリと魔女の花」(米林宏昌監督)で知られるスタジオポノックの短編アニメ集「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」(24日公開)の新予告編が10日、公開された。1分30秒の映像で、短編「カニーニとカニーノ」「サムライエッグ」「透明人間」を各30秒に凝縮して紹介している。

 「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」は、同スタジオの短編アニメーションプロジェクト「ポノック短編劇場」第1弾。「カニーニとカニーノ」(米林監督、18分)、「サムライエッグ」(百瀬義行監督、16分)、「透明人間」(山下明彦監督、13分)の3編と、オープニング&クロージング(計7分)の映像で構成されている。

 「カニーニとカニーノ」は米林監督初のオリジナルストーリーで、カニの兄弟の大冒険を描いたファンタジー。木村文乃さんが主人公のカニーニ、鈴木梨央さんが弟カニーノを演じている。「サムライエッグ」は、卵アレルギーを持った少年シュンとその家族が懸命に生きる姿を描く。尾野真千子さんがママ、篠原湊大くんがシュンの声を担当。坂口健太郎さんも出演している。「透明人間」は、見えない男の孤独な闘いを描いたスペクタクルアクション。オダギリジョーさんが透明人間、田中泯さんが盲目の男の声を担当している。