「配信勇者」1巻

大崎崇人原作による育朗の単行本「配信勇者」1巻が、本日8月10日に発売された。

「配信勇者」は魔王の復活により、滅亡の危機に瀕している世界が舞台のファンタジー作品。魔王への不安が募る一方で、情報機器の発展から誰もが気軽に動画を撮れるようになり、世間では「モンスター倒してみた」といった冒険系動画がブームに。聖剣に選ばれし者・ゼインも、聖剣に宿りし精霊・クク=レギルとともに動画投稿を始めるが、魔王軍四天王を倒してもスライム生成キットで最強スライムを作っても、一向に視聴数が伸びない。ゼインはモンスターのみならず、ネタ切れやアンチと戦いながら、名誉と金を求めて動画配信を続けるが……。同作は月刊コミックガーデン(マッグガーデン)で連載中だ。マッグガーデン特約店とMAG Garden Online Store、アニメイト、とらのあな、ゲーマーズ、メロンブックスでは1巻の購入者に特典を用意している。

さらに一部書店では、本日8月10日に単行本が同時発売となった多貫カヲ原作による絢薔子「ドラゴン、家を買う。」、安村洋平「迷宮ブラックカンパニー」、そして「配信勇者」と連動した「混ぜるなキケン…!?へんてこファンタジーフェア」を展開。対象商品を2冊以上購入した人に「描き下ろしコラボ漫画4Pリーフレット」を進呈する。フェア実施店舗など、詳細は特設サイトにて確認を。

※大崎崇人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記。