クルマのお役立ち情報[2018.08.10 UP]


【グー連載コラム】整備Now[いつも気持ちよくドライブしたいから]

整備の画像

今どきのクルマは壊れにくくなっていますが、流石にノーメンテはダメ。大切な愛車は長く乗りたいもの。消耗品の交換など定期的にメンテナンスしましょう
(掲載されている内容はグー本誌2018年9月号の内容です)


自分でできるメカ点検 燃費アップメンテ 【効率アップ編】

効率アップのポイントの画像

ストレスなく走れれば燃費も自然とよくなる
 最近はガソリンの価格も高く、財布への影響も大きかったりする。そこでカギとなるのが燃費なのだが、走行距離がかさむにしたがって次第に悪くなってくることがある。なんとなくそんな気がするのではなく、ちゃんと理由はあって、内部に汚れがたまったりしてエンジンなどの効率が落ちてくるのだ。またメンテ不良によって効率が落ちることも多い。
 メンテとは簡単に言ってしまえば、自動車メーカーが想定した効率を維持するために行うもの。クルマも人間と同じで、楽に動ければ疲労も少なくて済む。メンテをしなければ各部の効率が落ちて燃費が悪くなるのも当然なのだ。


【燃費UP! 1】エンジンの効率を高める

エアクリーナーの画像

 使う燃料を抑えられるかがカギ。その点でエンジンが一番関係が深いのは当然のことだ。メンテでの効率アップはいかにストレスを減らしてやるか。今では個人でできるメンテポイントも減っているが、吸気のエアクリーナー、回転抵抗を減らすオイルなど、できるのは効率に関係したモノばかりだ。


エンジンオイルの画像エンジンが効率よく回るという点で重要なのがオイル。定期的に交換するのはもちろん、指定の粘度も守ろう。最近は超低粘度が主流。


ブレーキの画像せっかくメンテをしても、効率の悪い走り方をしては意味なし。急が付く操作は避け、ATの場合は車速と回転がリンクするように走るのがコツ。


【燃費UP! 2】消費電力に注目

配線の画像電装品は使わなくても電気が流れている場合がある。また、大量の配線は危険でもあるので、整理して要らないものは取り外しておく。


LEDの画像LEDのバルブは安価なものも多く出ているし、耐久性も高まっている。室内灯やナンバー灯など細かい部分もLED化してみよう。



 少々むずかしい話だが、電気の消費が増えると発電機ががんばるため、エンジンの力が食われてしまう。そうなれば当然、燃費は落ちる。そこで重要なのが無駄な電気は使わないこと。バルブをLEDに交換したり、使わない電装品は外すなどしよう。


【燃費UP! 3】タイヤは重要

指定空気圧の画像指定空気圧は運転席のドアを開けたところにある。燃費アップを狙うなら、規定値よりも1割高くする。それ以上高いと弊害が出る。


荷物の画像スムーズにタイヤが回転しようとしても、無駄に車重があると阻害するだけ。たとえば、無駄な車重とは積みっぱなしの荷物。マメに下ろすようにしよう。



 転がり抵抗という言葉があるように、タイヤというのは燃費アップにおいても重要なポイントとなる。大前提は規定の空気圧になっているということ。減っているとタイヤがグニャグニャして、転がるのに抵抗が増えるというのは自転車を考えてみればわかるだろう。


燃料添加剤の画像
添加剤は効果あり!?

 エンジン効率を落とすのが内部の汚れ。分解しないと完全に落とせないが、清浄系の燃料添加剤はオススメ。タンクに入れると内部をクリーンにしてくれて、実際にエンジンが静かになる効果もある。しっかりとしたメーカーのものを選ぶのがポイントだ。