松岡茉優さんが出演する「LINEマンガ」新CMのワンシーン

 マンガ好きとして知られる女優の松岡茉優さんが出演するマンガアプリ「LINEマンガ」の新CMが10日、公開された。「松岡茉優の#マンガが好きだっ(響編)」と「松岡茉優の#マンガが好きだっ(僕等がいた編)」の2バージョン。響編は、高さ3メートルを超える巨大パネルの前でマンガ「響~小説家になる方法~」(小学館)の主人公・響の名ぜりふを再現。僕等がいた編では、マンガ「僕等がいた」(同)の名シーンをちりばめた空間で、ストーリーに感情移入していく……という展開で“マンガ愛”があふれた内容になっている。

 松岡さんは「マンガが好きな私にとってたまらない、すてきな空間で撮影できて良かったです。好きなマンガ全部、こんな空間がほしいですね。マンガは、仕事の合間や移動、家に帰ってからも読むので、週4冊は読んでると思います。マンガ好きでいいことは、いろんな種類のマンガを好きになればなるほど、マンガをきっかけにいろいろな⽅とお話しできるのがうれしいし、思った感情を共有できるのもいいところです。でも、最終回を見るのは嫌いです。好きすぎて最終回を見たくなくて、まだ見ていない作品が3〜4タイトルくらいあります(笑い)」 とコメントを寄せている。

 お笑いコンビ「千鳥」が出演する「千鳥の#マンガが好きだっ(進撃の巨人編)」「千鳥の#マンガが好きだっ(バキ編)」も公開された。進撃の巨人編で大悟さんはワイヤで宙づりに挑戦している。ノブさんはCMの見どころについて「⼤悟のワイヤアクションですね。ひょうひょうとボケているんですが、かなりつらかったんでしょうね。垣間見えるマジな顔(笑い)」と語っている。