まんまるフォルムがキュートなふんわりかき氷♪ 開放感たっぷりの高台にあるそば&甘未処、仙台「鹿落堂」

JR仙台駅からバスで約15分。バス停「向山二丁目」で降りて、“鹿落坂(ししおちざか)”と呼ばれる坂道を下ったところに「鹿落堂(ししおちどう)」はあります。四角いモダンな外観に、白い暖簾が目印のそばと甘味の店です。

ガラス張りの店内からは、仙台を流れる広瀬川と緑に囲まれた市街のビル群の景色が眺められ、“杜の都”が楽しめるスポットとしても注目を集めています。

オープンの11時から15時までは自家製粉の手打ちそばが味わえ、その後17時までは甘味の時間になります。メニューはあんみつやわらびもち、そば粉のガレットなど、和テイストのスイーツを豊富に用意。なかでも、夏季限定のかき氷はフォトジェニックなルックスとやわらかい甘さが魅力の自家製のトッピングが評判です。

氷は、砂利で自然にろ過された不純物が混ざっていない地下水を使用し、ゆっくり温度を下げて凍らせる、山形市にある「マルコ製氷」のものを使用。透明度が高く溶けにくい氷は、さくさくの食感。ひんやり感が長く楽しめるので、かき氷にぴったりです。

かき氷メニューは、「宇治金時みるく」「いちごみるく」「木の実ときなこ」「岩手の黒すぐりと山の木ぶどう」の4種類。なかでも一番人気は、「宇治金時みるく」です。まるく盛り付けられた氷の半分に京都宇治産の抹茶を使ったシロップ、もう半分に自家製の練乳、てっぺんには北海道産小豆の粒あんをトッピング。氷の中には、なんとわらび餅も入っています。


ひと口頬張ると、ふんわりとした氷の食感とともに口に広がるのが、抹茶の上品な香りと練乳のまろやかな甘み。砂糖は精製されていない粗製糖を使っています。ぷるぷる食感のわらび餅と粒あんもアクセントになり、味の変化が楽しめます。

赤と白の配色がキュートで、思わず写真に撮りたくなる「いちごみるく」もおすすめ。宮城県産「もういっこ」と栃木県産「とちおとめ」をたっぷり使ったいちごシロップは、いちごの果実をあえて大きくカット。いちご本来の甘みやジューシーさが味わえます。相がけした自家製の練乳は甘みがしっかりしているので、いちごの酸味とマッチ。すっきりとした後味が夏にぴったりのフレーバーです。

通年味わえる甘味のなかで「あんみつ」は、そばのあとのデザートでオーダーする人が多いメニューです。

抹茶アイスクリームからみつ豆まですべて手作り。あんこの上品な甘さが全体をやさしく包みます。南部鉄器にたっぷり入った緑茶が付くので、ゆっくりとティータイムが過ごせるのもうれしいですね。

これからの季節にぴったりの「鹿落堂」のかき氷。風光明媚な仙台の景色を眺めながら、ホッとひと息ついてみませんか。