「FINAL FANTASYと天野喜孝の世界展」のメーンビジュアル

 人気ゲーム「ファイナルファンタジー(FF)」シリーズ(スクウェア・エニックス)のイメージイラストを手掛ける画家・天野喜孝さんの展示会「FINAL FANTASYと天野喜孝の世界展」が10日から、東京・池袋のサンシャインシティ 文化会館ビル3階展示ホールCで開催される。会場にはFFの原画約150点、FF以外の作品が約50点が展示される。開幕に先駆け、9日、内覧会が行われた。展示会は9月2日まで。

 FFの原画は、初代から最新作の「XV」までのメインビジュアルのほか、「II」のフリオニールや「V」のバッツ、「VI」のティナ、「XIII」のライトニングなど主人公キャラクターなどが並んだ。さらにオチューやケルベロス、アーリマンなどのモンスター、ラムウやイフリート、オーディーンなどの召喚獣の原画も展示される。

 ヤッターマンやドロンジョなどのFF以外の原画も展示。怪物らしき生物たちをところせましと描いた横約5メートル、縦1.5メートルの迫力満点の大型作品も公開される。

 展覧会の入場料は一般2000円、中学生以下は1000円、3歳未満は無料。