展示会「FINAL FANTASYと天野喜孝の世界展」の内覧会に出席した天野喜孝さん

 人気ゲーム「ファイナルファンタジー(FF)」シリーズ(スクウェア・エニックス)のイメージイラストを手掛ける画家の天野喜孝さんが9日、東京・池袋のサンシャインシティで行われた展示会「FINAL FANTASYと天野喜孝の世界展」の内覧会に出席した。FFにかかわって得たことを聞かれた天野さんは「海外で有名になり、(私の名前が)浸透しました」と話して、関係者を笑わせていた。

 FFのイラストを手掛けるときについて、天野さんは「制作中なので資料がない部分もあって、(不足部分は)勝手に描いている面もあります」と明かし、「ゼロから考えるのが一番楽しいじゃないですか」と語った。また「元々海外のファンタジーが好きで、(FFという)仕事が来た」とも話していた。

 展示会は、同所の文化会館ビル3階展示ホールCで10日~9月2日開催。FFの原画が約150点、FF以外の作品が約50点展示される。入場料は一般2000円、中学生以下は1000円、3歳未満は無料。