アニメ「不機嫌なモノノケ庵」のビジュアル(C)ワザワキリ/SQUARE ENIX・「不機嫌なモノノケ庵2」製作委員会

 ウェブマンガサイト「ガンガンONLINE」(スクウェア・エニックス)で連載中のワザワキリさんのマンガが原作のテレビアニメ「不機嫌なモノノケ庵」の第2期に声優として下野紘さん、遊佐浩二さんが出演することが9日、明らかになった。2人が演じるのは、妖怪が住む隠世(かくりよ)での三大権力者の三権神で、下野さんが司法役、遊佐さんが行政役として出演する。

 「不機嫌なモノノケ庵」は、妖怪が見えるようになった高校生・芦屋花繪(あしや・はなえ)が、同級生の安倍晴齋(あべの・はるいつき)と共に、現世(うつしよ)で何かしらの悩みを抱え、隠世に旅立てない妖怪の悩みを解決する姿を描いている。梶裕貴さんが芦屋花繪、前野智昭さんが安倍晴齋の声優を務める。テレビアニメ第1期が2016年6~9月に放送された。

 ◇下野紘さんのコメント

 第2期から「モノノケ庵」に参戦させていただきます、下野紘です。「モノノケ庵」は、独特な言葉が多いうえに、司法の個性的なしゃべり方にいろいろ苦労しております(笑い)が、キャラクター的には演じがいがあり、楽しいので、司法の魅力をより引き出せるよう頑張りたいと思います。

 ◇遊佐浩二さんのコメント

 この度「不機嫌なモノノケ庵」に出演させていただくことになりました。立法、司法と、いい人(?)が多い中、なかなかの立ち位置です(笑い)。ただ、行政には行政なりの考えがあってのことですので、どうか一つ。個人的にはモジャが好きなのですが、声がないので寂しいです。頑張ります。