チェルシー移籍が決定的とみられているGKケパ・アリサバラガ [写真]=Getty Images

 アスレティック・ビルバオは8日、スペイン代表GKケパ・アリサバラガが契約解除金を支払い、契約終了要件を充足したと発表した。同選手はチェルシー移籍が有力視されており、まもなく正式発表がなされるとみられている。

 今回の発表では契約解除金の詳細や移籍先については明らかにされていないものの、大手メディア『ESPN』は「ケパが契約解除金を支払い、チェルシー移籍に迫っている」と報道。解除金額は8000万ユーロ(約103億9000万円)と推定されており、今夏にリヴァプールがブラジル代表GKアリソンの獲得でローマに支払った推定6700万ポンド(約98億5700万円)を上回ってGK史上最高額となる模様だ。GKの移籍金額は今夏の移籍市場で2度もレコードが塗り替えられることとなる。

 現在23歳のケパは、2016-17シーズンよりアスレティック・ビルバオの守護神としてポジションを確保した。2017-18シーズンはリーガ・エスパニョーラで30試合に出場。2018 FIFAワールドカップ ロシアを戦うスペイン代表メンバーにも選出された。チェルシーでは、レアル・マドリードへの移籍が決定的なベルギー代表GKティボー・クルトワの後釜として期待が掛かる。