映画「3D彼女 リアルガール」ジャパンプレミアに参加した佐野勇斗さん(左)と中条あやみさん

 4人組ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さん、女優の中条あやみさんが8日、東京都内で行われた映画「3D彼女 リアルガール」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督、9月14日公開)のジャパンプレミアに参加。本作で中条さんと初共演した佐野さんは「仲良くなりたくて、(中条さんが)英語がしゃべれるって聞いて、英語で何か言いたいなって思って。ポーちゃん(中条さんのニックネーム)が来て、思いついた言葉が『アイラブユー』。『終わったな』って思ったけど、うまく返してくれて仲良くなりました」と振り返ると、中条さんは「そんな人いないから」と、笑顔で佐野さんに突っ込んでいた。

 イベントには清水尋也さん、恒松祐里さん、上白石萌歌さん、ゆうたろうさん、神田沙也加さん、英監督が参加。中条さんは「私がみなさんと共演、お会いするのが初めてで、監督に『人見知りです』って自己申告しておいたら、みんなに伝えてくれて。初めて会った瞬間に壁をぶち壊してくれて、それからずっと仲良しです」と、撮影を振り返っていた。

 神田さんは本作にアニメキャラクターの声優として参加したため、この日が役者陣との初対面。同じ車でイベント会場に移動したといい「動物園みたいで、楽しそうでした。(私は)一番前に座っていて、うんうんって背中でほほ笑ましく聞いていました」と、6人の仲の良さをうらやましがっていた。

 映画は、女性向けマンガ雑誌「デザート」(講談社)で2011~16年に連載された那波マオさんのマンガが原作。アニメやゲームのバーチャルな世界を愛する男子高校生の筒井光(佐野さん)が、派手で男ぐせの悪い“リア充完璧超絶美少女”の五十嵐色葉(中条さん)から突然告白される……というストーリー。