チャリティーマッチに参加したボルト氏 [写真]=Getty Images

 元陸上五輪金メダリストのウサイン・ボルト氏が、オーストラリア・Aリーグのセントラル・コースト・マリナーズの練習に無期限で参加することが決まった。7日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 ボルト氏は世界陸上ロンドン大会を最後に陸上競技の第一線から退いた。マンチェスター・Uの熱狂的なファンであることで知られている同氏は、以前からサッカー選手への転身を希望する発言をしており、今年1月には南アフリカのマメロディ・サンダウンズで練習に参加。また、3月には日本代表MF香川真司が所属するドルトムントの練習に参加し、今年6月10日のチャリティーマッチ「サッカーエイド(Soccer Aid)」にも出場していた。

「オーストラリアに来ることに非常にワクワクしている。プロのサッカーをするのは私の夢だったし、オーストラリアリーグでプレーしインパクトを出すのに必要なレベルに達するためには、多くの苦労と訓練が必要だと分かっている。私はいつも限界を考えずに、挑戦を楽しみにしている」とプロ入りに向けた意気込みを語った。