九州国立博物館【福岡県】

国内に4箇所ある国立博物館のうち九州では唯一、福岡にあるのが「九州国立博物館」です。歴史系の博物館として、平常展はもちろん注目度の高い特別展を随時開催し、福岡観光には欠かせないスポットであると言えます。近くには「太宰府天満宮」もあり、合わせてチェックしたいところです。

アジアやヨーロッパと九州の歴史交流を5つのテーマに分けてわかりやすく展示する「文化交流展示室」


九州国立博物館は、平成17年に国内4番目の国立博物館として開館しました。国内にある東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館が美術系の博物館に対して、同博物館は歴史系。世界との文化交流の窓口としてその役割を担い、アジアをはじめ世界の歴史文化を九州をはじめとする国内に広めてきた地域として、福岡に作られたのです。「日本文化の形成をアジア史的観点から捉える博物館」をコンセプトに、その文化交流にスポットをあてた文化財を展示しています。太宰府天満宮からほど近くの丘陵地に立ち、同天満宮から続く虹色に光るトンネルを通ると現れる外観は、周囲の山並みに溶け込む穏やかな曲線が特徴。 館内に入ると、吹き抜けのエントランスに圧倒。約4000本の九州の間伐材を使用した組み木の天井に目を奪われ、フロア内には、博多の夏の風物詩「山笠」のシンボル飾り山も展示(期間限定)。同じく1階には、体験型展示室「あじっぱ」があり、アジアやヨーロッパの文化を五感で楽しむこのできる空間として人気です。 展示スペースは3階と4階。3階は特別展示室として、年に3〜4回行われる特別展で使われます。そして、4階は文化交流展示室。旧石器時代から近世末期(開国)まで、日本とアジアやヨーロッパとの文化交流の歴史を、5つのテーマ「縄文人、海へ」「稲づくりから国づくり」「遣唐使の時代」「アジアの海は日々これ交易」「丸くなった地球、近づく西洋」に分けて展示しています。 そのほか、毎週日曜日は「バックヤードツアー」を実施。収蔵庫や文化財保存修復施設などを窓越しで見学が可能。普段は立ち入ることができない博物館の裏側を、ボランティアスタッフとともに約50分巡ります。見るだけではなく、体験しながら歴史文化を体感する日本屈指の博物館は、太宰府観光のマストスポットです。