熊本への期限付き移籍が決まった横山知伸 [写真]=Getty Images for DAZN

 北海道コンサドーレ札幌のDF横山知伸が、ロアッソ熊本に期限付き移籍する。両クラブが6日に発表した。期限付き移籍期間は2018年8月7日から2019年1月31日まで。熊本では背番号「45」を着用する。

 移籍決定に際し、横山は札幌のクラブ公式HPでコメントを発表。ファン・サポーターにメッセージを送った。

「この度、ロアッソ熊本に移籍することを決断しました。今シーズンはチームの力になれず悔しいですが、熊本でチームの力になれるよう頑張ってきます!1年半と短い間でしたが、熱い応援ありがとうございました!」

 また、同選手は熊本のクラブ公式HPにもコメントを寄せ、新天地での意気込みを述べている。

「はじめまして、北海道コンサドーレ札幌より加入することになりました横山知伸です。自分の持てる力を最大限発揮し、チームが1つでも上の順位でシーズンを終われるように頑張ります。熱い声援よろしくお願いします!」

 横山は1985年3月18日生まれの現在33歳。帝京高校から早稲田大学を経て、2008年に川崎フロンターレへ加入した。2012年から2013年にかけてはセレッソ大阪で、2014年から2016年にかけては大宮アルディージャでプレー。昨季より札幌に所属していた。2017明治安田生命J1リーグでは26試合出場2得点を記録したものの、今季はリーグ戦での出番がなく、ここまでは2018JリーグYBCルヴァンカップで4試合に出場したのみとなっている。